FC2ブログ

これも“浮気”ということかな?

3月4日(月)

今日は1週間ぶりにチェンマイ在住の知り合いとゴルフをした。僕はゴルフ場ごとに大体決まったキャディーを指名するようにしている。とは言っても、諸般の事情で指名を変えることもある。それはゴルファーの自由だし、変えたからと言ってキャディーから文句を言われる筋合いのものではないと思うのだが・・・

我が家の近所のゴルフ場へ行くときは、嫁の親友のMを指名することがほとんどだ。しばらく行かないと、Mの方から「今度はいつ?」と彼女を通して聞いてくることが多い。ところが今日はAをキャディーに指名した。これで2回目だ。Aも嫁の友達だし、MとAも友達同士だ。ところが先月、諸般の事情で初めてAを指名したとき、Mからこう言われた。

「今回だけはいいですけど、次もAを指名したら、彼女(僕の嫁)をバイクで送り迎えしたり、一緒に市場へ買い物に行ってあげたりしませんから、そのつもりで!」

実は嫁は車も運転できないしバイクも乗れない。驚くべきことに、キャディーなのにカートも運転できない。10年くらい前にバイク事故に遭い、その後遺症というのだろうか、運転恐怖症になっているのだ。だから、仕事場のゴルフ場へはほとんど毎日親友のMが家まで迎えに来て、帰りは市場などに立ち寄ってから家まで送ってくれている。もし僕が他のキャディーを指名するなら、もう送り迎えをやめると言うのだから、これは只事ではない。

なぜMが僕の指名にこだわるのか、本当のところは分からない。確かにMは優秀なキャディーで、仕事ぶりに何の不満もない。しかし、まるで脅迫するかのように言われると、逆にもうMを指名したくなくなるのも人情ではないだろうか・・・?

数日前、僕は今日のためにMではなくAを予約した。当然Mはそれをすぐに知ったはずだ。そして昨日の夕方、仕事帰りに嫁を家まで送ってきて、そのまま僕と3人で一緒にビールを飲み食事した。

嫁は突然こう切り出した。

「明日は、あなたはMと一緒に回ってくださいね。そしてAはあなたの友達と回るようにしてください」

僕がどのキャディーと回るかを、嫁に決められる筋合いはないはずだ。Aを僕のキャディーとして予約していることは、数日前に彼女も承知していたはずだ。さてはMが、「あなたの旦那がAを指名するなら、もうあなたの面倒をみないわよ」と、彼女まで脅したのだろうか・・・

と、ここまで書いてきて、事の真相が見えてきたような気がしてきた。

此処だけの話、僕がMからAに乗り換えようとしている理由は・・・そろそろ僕がMに飽きてきて、Aという最近知り合ったキャディーにある種の魅力を感じ始めているからだが、それを嫁に見透かされているのではないだろうか?嫁にしてみれば、同じ友達とはいえ、Mよりも若くて独身で車も持っているAよりも、旦那はいないが子持ちのMの方が安全だと感じているのではないだろうか。それにMとは毎日会っているから、何か異変があればすぐに気づくことができる。

これは嫁やMに確かめてみるわけにはいかない。そしてさらに気づいたのだが、もうひとつの可能性がある。

僕がAに“ある種の下心”を抱き始めたことに気づいたのは嫁ではなく、Mの方ではないだろうか。そして親友(僕の嫁)を守るために、僕をAから遠ざけようとしているのではないだろうか。もしそうであるならば、「またAを指名するなら、もうあなたの奥さんの面倒はみませんよ」という脅し文句を僕に言ってみたり、すでにAを予約しているにもかかわらず、自分がキャディーをやると言ってみたりすることも理解できるような気がする。

つまり、Mはあくまでも彼女の味方で、夫婦仲に亀裂が入るような事態になる前に、僕とAの関係が進展するのを未然に防ごうとしているのではないだろうか。そうであるならば、Mは嫁よりも勘の鋭い女で、しかも善意の人ということになる。よもやMが僕に惚れているということはないだろう。

さて、他人にはどうでもよい妄想のようなことを書き連ねるのが日記というものだから、ついでに書いておくと、今日のゴルフで僕のキャディーをしたAは、ラウンドの途中でこんなことを言い出した。

「今度車で一緒に遊びに行きましょうよ。川下りがいいわ。来月どうかしら。奥さんと私の妹と4人で・・・」

真意はわからない。ちなみにAの妹も美人で独身だ。単にみんなで遊びに行きたいだけだろうけれど、女の方から誘われて悪い気はしない。ただ、友達のMを除外しているところは意味深かもしれない。Aの車でも5人は乗れるのだから。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
女3人が登場する、いわば“三つ巴”のやや複雑なストーリーになってしまった。込み入った話なら、もっと単純化して書いたほうが読みやすかった。一人よがりのブログだから、これも仕方ないか…(3/5記)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

プール通いの話で再開されるんだろうなと思っておりましたが、読み違えてました!

回数に驚嘆し書いてたチェンマイブロガーもいますけど、貴ブログが良いのは、ソコに至る奥様との葛藤や心の動きが丹念に描写されているからです。
地元情報・ネタ系や宴会写真中心のブログも、勉強になったり この人楽しいんだろうなぁ…と思えたりして悪くないけれども。
100パーセント真実の私小説があるとは思ってませんが、そう思わせる読後感がありますね。

ウチの近所の野良猫たち、よく庭に侵入して休憩するのは良いけれど、ところ構わず糞をしていく事があるのでウンザリ。ネットやフェンスで阻止しようと数年間努力しましたが、運動能力が優れた猫が一匹いて完全には無理。
去年 工事打ち合わせに来た人のアドバイスで、庭の一角に小さな屋根付きトイレスペースを設けてあげました。今のところネットを突破してきて糞をする場合、こいつ(メスですが)は必ずここでしていきます。掃除も楽。
猫は金運の象徴らしいですから、トイレサービスで恩を売ったら何か臨時収入があると嬉しいのですが(笑)。
新しい庭は次回のチェンマイ行きまでに、完成予定です。

Re: No title

MARINOさん、こんばんわ


> ソコに至る奥様との葛藤や心の動きが丹念に描写されている

「ソコに至る・・・」という表現はいいですね(笑)。何もお勤めばかりとは限りませんが・・・自分の心の動きを冷静に観察している“もう一人の自分”が存在します。ブログの書き手は、明らかに“もう一人の自分”でしょう。

> 猫は金運の象徴らしいですから・・・

そうだったんですか!今から2匹の犬にお引き取り願って猫屋敷に変えようかな!猫も嫌いと言うわけではありませんが、小さい頃から縁がありません。だから、お金にも縁がないのかもしれませんね。

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR