FC2ブログ

セイジ向きの話

10月20日(金)

あさっては衆議院議員選挙の投票日。日本では以前に比べると期日前投票がぐんと増えているそうだ。公報などで「今度の日曜日は投票所へ」なんて言ってた昔がウソのようだ。

僕たちの世代の若いころは自民党と社会党の、ちょっと差はありすぎたけれども、一応は二大政党制だった。共産党はあったけど公明党はなかった。選挙権を持つようになってから、しばらくは若者らしく社会党に投票していたと思う。自民党が強すぎたこともその理由のひとつ。そして「革新」という言葉が魅力的だった。だから今の60代は、その名残で他の年代よりも自民党へ投票する率が低いはずだ。

今はとっくに「保守」対「革新」という構図は消え去った。僕が不思議に思っているのは、政治家もマスコミも揃いもそろって「右」だの「左」だのと、もう数十年も前に擦り切れてしまった言葉を使っていること。政治もマスコミも金属疲労を起こしていることの証左だと、僕には思われる。

「保守」と「リベラル」という選択肢にしたって、よく分からない。安倍さんは真の保守ではないという説もある。単に戦後の日本人の多くが抱いてきた価値観を否定しようとしているだけのようにも思えるからだろう。それは保守の定義による。

日本という国は、江戸時代のある時期を除いては革新的だったと僕は思っている。だから明治維新があったし、戦後の価値観の転換と経済成長が可能だった。今は現状さえ維持できればいいという若者が増えてきたので、革新的な国ではなくなりつつある。

リベラルに至っては何のことやらさっぱり分からない。政治家もマスコミも、外国語を使って語る悪い癖はやめた方がいい。小池さんは外国語の単語を乱発するのをやめて、日本語をきちんと使わない限り今後の躍進はないと断言したい。あえて逆説を付け加えるなら、「排除」と言う言葉も、どうせなら外国語を使っていたら、ここまで人気が失墜することはなかったかもしれない。

いつも「りっしんべん」のセイジ向きの話をしているので、今日は別のセイジについて書いてみた。それにしても、今の若者は・・・。僕らの若いころは未来に希望があった(笑)。

このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

まだ雨季が終わらない

10月17日(火)

今朝、少し雨が降ってた。その後晴れた。そろそろ終わりになるかな・・・と期待が膨らんだ。でも、夜になって土砂降りになっちゃった。

今さら言うのも何だけど、タイの雨季は一応は11月までらしい。12月から乾季だ。でも、実際は10月の終わりごろにはほとんど雨が降らなくなる。

できれば今週末から乾季に入ってほしい。というのは、週末彼女と旅行するから。しかも雨が降りやすい山へ行くから。それにもうすぐ王様の葬儀が始まる。雨季は明日か、明後日くらいで終わりにしてほしい。

今日は彼女と申し合わせをして会わないことにした。やっぱり彼女と会わない日は何かが変だ。何かが足りない。

とくに書くことがなくても、無理にでも書くのが日記?ほんとに今日は、な~んにもない。


ウイスキーのソーダ割はいま4杯目。彼女が知ったら怒るかな・・・?いやいや、必ず「レオテー(お好きにどうぞ)」と言うに決まってる。

話しが飛ぶけど、一人寝にはもう慣れてる。でも、やっぱり寂しい。ときどき天井裏のネズミが騒ぐから、急に思い出した。

いろんな歌手が歌ったけど、美空ひばりにかなう歌手は、これからも出てこないだろう。

ひとり寝の子守唄


「ひとり寝の子守唄」  作詞・作曲 加藤登紀子

ひとりで寝る時にはヨー
ひざっ小僧が寒かろう
おなごを抱くように
あたためておやりよ

ひとりで寝る時にはヨー
天井のねずみが
歌ってくれるだろう
いっしょに歌えるよ

ひとりで寝る時にはヨー
もみがら枕を
想い出がぬらすだろう
人恋しさに

ひとりで寝る時にはヨー
浮気な夜風が
トントン戸をたたき
お前を呼ぶだろう

ひとりで寝る時にはヨー
夜明けの青さが
教えてくれるだろう
一人者もいいもんだと

ひとりで寝る時にはヨー
ララララ・・・・・・

このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR