FC2ブログ

生まれてはじめてのイチゴ狩り

2月17日(土)

66年ぶりに冬季五輪フィギュアースケートで連覇を果たした羽生くんと、中学生で五段になったばかりの将棋の藤井くんが、今日の公式戦で国民栄誉賞の羽生さんに勝ったという2つのニュースが飛び込んできて、僕の頭は少し混乱した(そんなわけないか)。

※その後のニュースで、藤井くんはこの棋戦(朝日杯)に優勝し、史上最年少の6段になったそうな。すご~い!!

それはともかく、今日は家から車で1時間少々の山奥にあるサムーンというところへイチゴ狩りに行ってきた。たまたま昨日、前に住んでいた家の近くの国道でたくさんのお店が軒を連ねているのを見て、「そうだ、この時期はいつもイチゴを食べてた」ということを思い出したのだ。

僕の記憶では、チェンマイのイチゴの最盛期は1月頃だ。でも、ここんとこ急に露店が増えたところをみると、今年は少し遅いのかもしれない。

DSC_1435.jpg

イチゴとは無関係だが、彼女はこういうジーンズが好きみたいだ。去年の12月にバンコクへ遊びに行ったとき、似たようなタイプのジーンズを3本も買っていた。

この写真は、シャッターを一発だけ押して仕留めた1枚だ。もたもたしてると、彼女はカメラから逃げ回るか、あるいは手をかざして拒否する。

DSC_1433.jpg

後ろから見ると、普通のジーンズに見える。最近の若めの女性の間でこんなのが流行っているのだろうか。

DSC_1436.jpg

このイチゴ畑は入場料が一人20バーツだった。もちろん食べ放題だが、お持ち帰りは別料金だ。

DSC_1450.jpg

DSC_1452.jpg

よく熟れたイチゴを現場で食し、あと2~3日で完熟しそうな粒をバケツに放り込んだ。ほかの人のバケツを覗き込むと、まだ青いイチゴばかりを選んでいる人もいた。きっと自分で食べるのではなく、遠くにいる親戚に送るのかもしれないな、と思って見ていた。

お持ち帰りの料金は1キロで90バーツくらいだろうか。秤を見ると、バケツから出して1.5キロくらいで、140バーツと言われた。もちろん、そこいらの露店で買うよりも安いし、ちゃんと丈夫な箱に入れてくれた。

入場料や、ここに来るまでのガソリン代などがかかっているから、街の露店より格別に安いわけではない。でも、自分でとったイチゴを食べながら、バケツに放り込んでいくのは結構楽しい時間だった。

イチゴ狩りをしたことのない日本人って、かなり珍しいかもしれない。たまたまだけど、彼女も初めての体験だった。


イチゴ狩りの帰りに、そろそろ切れかけているゴム製品を調達して帰った。何の関係があるの?と言われそうだけど、イチゴの絵のある製品を選んだ。色がイチゴ色なだけでなく、少しイチゴの香りがついている。赤いのはドキッとするので好みではないけど、香りはなかなかいける。1か月ももたない12個しか入ってないのに、値段は本物のイチゴよりだいぶ高かった。


DSC_1458.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このデカい穴あきジーンズ結構いますね。
日本人感覚ではここまで巨大な穴あきは穿きませんね。
それと最近多いなと思うのが、自分でショートにカットしたジーンズ、それは良いんですが、ポケットの裏がはみ出してみっともないんですが、みんなはみ出してるんですよ。恥ずかしくないのかな?
いちご狩りいいですね。
先日タラートで大きめのイチゴが有ったので10粒30バーツ、日本のイチゴ的で意外に甘くておいしかった。
サムーンは、年末に2週続けてモタサイが壊れちゃいました。なんかここへ行くと結構落ち着くんですね。

Re: No title

alfaさん、こんばんは。

> 日本人感覚ではここまで巨大な穴あきは穿きませんね。

そうでしょうね。こんなのタイでも見たことがありませんでした。太ももを見せたいのでしょうかね?そう言えば、いつもは大体局部が今にも見えそうな、超短いジーンズを穿いてます。

> サムーンは、年末に2週続けてモタサイが壊れちゃいました。

あらら、ドイ・インタノンの頂上付近ほどの急こう配はないんですけどね。途中、自転車で頑張ってるファランにたくさん出会いました。結構年配の人もいました。大したもんです。真似できません。人に負けない自信があるのはアレだけです。(どうしても話をそっちに引っ張る習性が身に付きました)

いちご狩り 料金

こんにちは。
いちご狩り料金 安いですねー。
日本だと、時間制限付きで小学生以上2000円位
取られます。

Re: いちご狩り 料金

longstayasianさん、こんにちは。

> 日本だと、時間制限付きで小学生以上2000円位

そんなにしますか。ビックリです。こちらは一日中畑にいて食べ続けたとしても20バーツ(70円くらい)。味も今ではほとんど変わりません。

タムジャイさんからのコメント

本文の欄ではなく、タイトル欄に全文入力されていたので不具合が生じました。管理人の権限で修正し掲載します。



こんばんは、管理人殿

以前のタイのイチゴは酸っぱくて実の硬いモノばかりてしたが、小粒ですが甘くて美味しくなりましたね。

しかし、管理人殿はイチゴの話しから、ゴムの話しにオチを付けるなんて、何ともシュールで笑えますな。
明日、イチゴ買ってこよっ。

(タムジャイさん)

サラビーの家

今日は傳刀と申します 前の奥さまが亡くなったときコメント出しました、私昨年11月末サラピーに来ました 前の奥さまと建てられたお家出られたのですかブログによると借家とか書かれていますが 前の家売られたのですか 私も寂しい田舎に住みたくてサラピー15探しました これからもよろしく願います。

         傳刀輝征

Re: サラビーの家

傳刀さん、こんにちは。

> 前の家売られたのですか・・・

申し訳ありませんが、立ち入ったご質問にはお答え出来ないことをご了承ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

お早うございます
イチゴ狩りですか 私の出が伊豆なので一月二月ごろになるとよくいちご狩りに出かけます イチゴも高いし 入場料も高い 久能山まで行ったことあります。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR