FC2ブログ

恐るべきタイ人のネットワーク

3月28日(水)

昨日の記事の続報。

くも膜下出血で東京医科歯科大付属病院に運ばれたタイ人女性は昨日脳外科手術を受けた。経過は順調で、バンコクからやってきたお姉さんの存在も認識できるようになったという報告を受けた。

1522228288691.jpg

(左がお姉さん)

あとは合併症などが出なければ、1ヶ月くらいで退院できる可能性があるそうだ。後遺症が残るかどうかは、今のところはわからない。

さて、今回の緊急事態で強く印象づけられたのは、日本にいるタイ人のネットワークのことだ。

一昨日の夕方に女性は病院に搬送されたのだが、その医科大学には何人かのタイ人留学生がいた。そして彼らが素晴らしい活躍をしてくれたらしい。

まず、病院側が通訳を求めた時、すぐに留学生が東京にいる日本語の堪能なタイ人をFacebookを通じて探した。そうしたら数時間以内に5人もの人が名乗り出た。もちろんボランティアで 報酬がないにも関わらずだ。

そのおかげで、倒れた女性と一緒に東京に来ていたタイ人や、バンコクから駆けつけて来たお姉さんと病院側とのコミュニケーションがうまくいった。

そして初めての海外旅行となったお姉さんを空港に迎えに行ったり 宿泊先の確保をしてくれたのも、全部Facebookで知ったボランティアのタイ人たちだ。だからタイ人女性に付き添っている日本人の負担はその分少なくて済んだのだ。一番驚き、感謝しているのはその日本人だと思う。

その話を日本人の女性から聞いて、ちょっと調べてみたら、東京医科歯科大学とタイの医科大学や病院との連携が強固であることがわかった。そうした日頃の結びつきが、たくさんのタイ人ボランティアが駆けつけてくれた理由の根底にあると思う。

一方、東京にあるタイ大使館はほとんど何もしてくれていないらしい。やっぱり役所とはそういうものなのかもしれない。政治家や有力者の言うことは聞くが、一般の市民にはあまり親身になって対応してくれない傾向は否めない。

そう言えば、チェンマイの日本総領事館も似たようなものだったことを思い出した。

一昨年、僕の友達でもない近所の日本人男性が末期がんで余命幾ばくもない時に、日本に家族がいるなら、なんとか連絡をつけてあげることが出来ないかと領事館に相談に行った。在留届けから、それらしき日本の住所と電話番号が見つかった。

でも領事館の人は僕に電話してくれと言った。そればかりか男性の家族に連絡がついて、娘さん達がチェンマイに父を訪ねてやってくる時、僕に空港まで迎えに行ってくれと頼んだ。その後も、病身の妻と僕とで出来るだけのことはしたつもりだ。

僕も無報酬というだけでなく、時間と費用の持ち出しで協力したし、今の事態も東京のタイ人たちが、知り合いでもない同胞のために無報酬で活躍してくれている。

これは素晴らしいことだ。僕もジーンと感動している。タイ人のネットワークも捨てたもんじゃない。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今晩は〜,大変ですね〜海外での事故は ,先程カード保険のこと長々書いたら,リミットされましたので,かいつまんで,日本のビザ,マスターカードには殆ど海外での事故,治療保険が自動付帯されてます。実は私も1月にチェンマイ到着時,頚椎損傷でラム病院で🏥治療しましたが,昨日,全て振込処理したと連絡ありました。貴方もカード持ってらっしゃるかと, 今一度 契約書を 送ってもらうと良いもんですよ。

才筆!

失礼ながら、こういうことを書かせたら並ぶものなしですね。

Re: 才筆!

P-takさん、こんばんは。

失礼ながら、こういうコメントを書かせたら並ぶものなしですね。

Re: No title

北川さん、こんばんは。

> 貴方もカード持ってらっしゃるかと・・・

色々取り揃えて持ってたんですが、今はVISAだけです。日本に帰らず、ずっとタイにおりますので、海外傷害保険は使えません。もし今後日本に帰る機会があれば、海外傷害保険をかけて帰国します。あれっ?

素晴らしい

感激しました!!

逆の場合果たして日本人のボランティアが集まるか疑問です。
基本的にタイ人は助け合いの文化があるのかも。

緊急医療最高位の病院に搬送され良かったですね。

Re: 素晴らしい

団塊オヤジさん、おはようございます。

> 逆の場合果たして日本人のボランティアが集まるか疑問です。
> 基本的にタイ人は助け合いの文化があるのかも。

タイ人の若者はほとんどFacebookで連絡をとりあっているので、LINEとはちがって不特定多数の人にも情報が行きます。
とくに海外に居るタイ人は(中国人ほどではないでしょうが)仲間との連絡を密にしています。

タイにいる日本人はどうでしょうかね?特にチェンマイは年寄りが多いですから・・・見知らぬ旅行者のために何かするかどうか、自分を含めて。亡くなった妻だったら、何でもすると思いますけど、彼女はタイ人でしたね。

No title

日本人の場合、ボランティアではなかなかこうはいかないでしょうね。私見ですが、特にチェンマイは年寄りばかりだから、見て見ぬ振りが多そうな気がします。
私の場合、どちらかと言うと日本人は避けてますから・・・今の状態だと私は野垂れ死にかな!!

Re: No title

alfaさん、こんにちは。

> 今の状態だと私は野垂れ死にかな!!

いよいよのときはご連絡ください。大切な読者の方を助けに行きますから。
真面目な話、ナムチャイ溢れる女性と暮らしていたので、僕も「見て見ぬふり」だけは出来ないと思います。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR