FC2ブログ

あまりの筋力低下に愕然とした

3月29日(木)

「少しは体を鍛え直しなさい!」と彼女が言ったわけではない。昨日急に思いたってエキスパンダーを買ってきた。

腕などの筋力を維持しようと、軽い2キロくらいの“おもり”を使って体操をしていたのは3年位前までのこと。エキスパンダーとなると、かれこれ10年以上使ったことがなかった。


DSC_1780.jpg

このエキスパンダーは鋼鉄製のコイルが5本装着されていた。とても横に引っ張るのは無理。1本減らして4本にし、もう1本外して3本にし、そして2本になった。

それでも、ちゃんと引っ張れない!さすがに1本だけにはしたくない。これが最後!

DSC_1802.jpg

モデルを買って出て説明すると、どうやっても、右手が伸ばせない。伸ばそうとすると、昔傷めたことのある右肩のあたりに痛みが走る。こういう運動の場合、絶対に痛みを感じてはいけない。だから無理できない。

ということで、左右に“弓を引く動作”と合わせて、こんな形の運動を取り入れることにした。


DSC_1806.jpg


足の先でエキスパンダーの取っ手の片方を押さえつけて、右の腕、左の腕、さらに両方の腕で上方に引っ張る。順手と逆手の両方で、それぞれ20回ずつ、都合120回引っ張ることになる。これなら痛みはまったくない。しかも、この方法だとゴルフのときに役立つ背中の筋肉の強化にもなると思う。

それにしても、60代半ばを過ぎて、こんなにも筋力が落ちているとは知らなかった。毎日少しづつでもエキスパンダーで運動を続ければ、少しは筋力が回復してくるのだろうか?それとも、筋力の維持には役立っても、強化は土台無理なんだろうか?

昔から体重が変わってないと言いながら、ウエストだけは相当太くなった。30代のころの逆三角形の体形はもう望めない。でも、毎日のお勤めとゴルフのために、何とか頑張ってみようと思う。


上腕の筋肉がこれだけ落ちているのに、お勤めは目下3連投中。つまり、ほとんど腕や下半身の筋力は関係なくて、あそこに血液が滞留してくれるかどうかだけの問題のようだ。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

筋肉低下

面白く拝見しています。
最近ウサギさん、人生吹っ切れたようで良かったですね。

本当かどうか不明ですが、前にNHKで、寝ている間に筋肉が失われるそうです。
ですので、朝食にタンパク質を多く取らないと筋肉が作られず、運動しても筋肉低下は防げないそうです。

Re: 筋肉低下

KAMIGOUさん、こんばんは。

ウサギさんと来ましたね(笑)。前妻のニックネームでした。

> 朝食にタンパク質を多く取らないと筋肉が作られず、運動しても筋肉低下は防げないそうです。

そうそう。朝はしっかり食べてます。寝る前に「Lアルギニン」というアミノ酸を飲んでます。
でも、筋肉はどんどん減りますね。何とか維持して、お勤めとゴルフを末永く、と思ってますけど。

接して漏らさず

日本は,今日は花曇りで 少々寒かったです。60半ばはまだまだ働き盛り,ヤリ盛り,その頃なら私は20メーターくらいの屋敷の杉の木の頭頂部を 伐採してました〜…。その頃先輩に言われた事,長生きしようと思ったら…接して漏らさず… 年いってからは,女には手を出さない方が良いよ〜ってね。古くなった道具は 一部直しても,次がまたダメになるってね〜 夜はほどほどに〜余計なお節介〜 これ本当 笑笑

Re: 接して漏らさず

北川さん、こんばんは。

> 60半ばはまだまだ働き盛り,ヤリ盛り・・・長生きしようと思ったら…接して漏らさず・・・年いってからは,女には手を出さない方が良いよ〜ってね

そうですね。75歳を過ぎたら、女には手も足も出さないつもりで今日を生きてます(笑)。ところが、最近は時々出ないことがあるんですよ。接して漏らさずです。貝原一軒先生も、そういうことは想定していなかったでしょうね。

No title

かなり多い夜のお勤め回数から、結構引き締まった体を想像していましたが、私とさほど変わらない体系にほっとしました。
運動しなきゃと思いプール・ジム付きコンドに引っ越してそろそろ1年近くたつのにまったく使った事がないほどの意志の弱さが出ちゃってます。
少し運動を始めると痛いところが出て億劫になっちゃうんです。

Re: No title

alfaさん、こんばんは。

> 私とさほど変わらない体系にほっとしました。

ははは。そりゃ30代の頃とはちがいます。73センチのウエストが今は84センチ。95センチの胸囲が90センチですからね(笑)。着痩せするのは、昔も今も変わりません。

訂正

北川さんへの返信で、
「貝原一軒」と書いたのは間違いです。正しくは「貝原益軒」ですね。(江戸時代の儒学者、医学者)
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR