FC2ブログ

夫婦喧嘩は犬も食わない?

4月6日(金)

DSC_1720.jpg

昨夜の食卓である。例によって豚肉料理が2品だが、野菜もたっぷりあった。

DSC_1727.jpg


ビール30本以上を彼女と彼女の友達が飲み干した悪夢のような土曜日からすでに6日。ようやく彼女もビール解禁となった。もっとも、僕が禁止していたのではなく、あくまでも自粛だった。


さて、最近僕たち2人の間で“喧嘩ごしの物言い”が増えてきた。ほんまものの夫婦喧嘩の域に達するほどの激しい言い合いにはならないが、どちらかが不機嫌になってそれを隠そうともせず顔に表すことをためらわない。発する言葉の口調も荒っぽいものとなる。片方がそうすると、ご存じのようにそれが相手に伝染して双方とも乱暴なしゃべり方になる。夫婦喧嘩の始まりを告げるゴングが鳴っているようなものだ。

そうなっても部屋の中にいる犬のチビは知らん顔でまったく興味を示さない。小さいほうのレックレック(日本語にするとチビチビとなる)は、大体が外にいることが多いので言い合いが始まったことすら知らない。


ではどんなテーマ?で言い争いの一歩寸前までいくのだろうか、たとえば昨日一日のことを思い返してみよう。

その1 パソコンの使い方

古いノートブックの中を整理し、Windows10の表示言語の設定をタイ語にしてから午前中に彼女に引き渡した。使い方を知らないだろうと思ったので、彼女の目の前で起動してあげて、Youtubeからタイのポピュラーソングを聞けるようにしてあげた。僕ならテノールのオペラアリアを聞くところだが、彼女の好みではない。

彼女はそのまま延々とタイポップスをつけっぱなしにしているので、僕は2階へあがった。そして昼ご飯のときに降りてみたら、パソコンは消してあった。ところが、彼女に聞くと、切り方を知らなくてあちこち触った風であった。再度起動してもどうもおかしい。

「切るときにどうして僕を呼ばなかったの?」

「どうしてって、それぐらい自分でできると思ったからよ。」

「キミ、パソコン使ったことあるの?」

「バンコクにいた頃は、少しあるけど・・・もう忘れたわ。どんなやり方だって、消せればいいじゃん!」

「何だって?消せればいい?そんなこと言ってると、すぐに壊れるんだよ!」

間違った切り方をしたのは確かなようだった。だから何かが変になっていた。


その2 自動車保険の切り替え

車の保険が来週で切れる。前から意識はしていたが、僕も不精なので手続きを延ばし延ばしにしてきた。いよいよやらなければと思って彼女に保険会社へ電話してもらった。ところが・・・

電話で聞いた保険料が前年よりも高い。一切保険は使ってないのに、まるで医療保険のように、10%以上も上がっている。

「お前のさっきの電話、まるで初めて加入するような口ぶりじゃなかったの?だから高いんじゃないの?」

「いいえ、ちゃんと車の登録ナンバーを正確に言いました。」

「ナンバーだけじゃなくて、保険の番号もちゃんと伝えたのか?」

「もう、いちいち疑うんだったら自分で電話しなさいよ!ワタシのせいにしないでよ!」

「何だって?お前はタイ人だろう。だからお前が電話するのが当たり前じゃないか!」

彼女の言い分も「そうかな」とは思うけど、結局いろいろあって、去年の会社はあっさりとキャンセル、別の会社に決めた。彼女の知り合いが代理業務を請け負っている会社で、保険料は去年の会社の見積もりよりも1割ほど安かった。


その3 ゴミ集めの準備

これについては屡々言い合いになる。我が家のあるムーバーンのゴミ集めは毎週火曜日と金曜日にある。僕の感覚では、前日の夜に家の中のゴミを全部集めて所定の黒い大きなビニール袋に詰め込んで、その日のうちか翌日の早朝に決められた場所に出す。これは日本でもタイでも同じことだろう。これが常識というものだ。

ところが、彼女は当日になってからゴミを集めることが多い。そればかりか、週に2回収集日があることをいいことに、最近はときどきそれをサボるのだ。昨日もサボる日になっていたようで、寝る時間になっても何もしなかった。夜に喧嘩するのは好きではないけれど、一言注意したら彼女も負けじと口答えした。

彼女の言い分はいつも同じで、明日の朝やれば済むことをわざわざ前日にやる必要はないのだと。ご説ごもっともだが、ゴミ収集車が来ても用意できていなかったこともある。だから早くやるに越したことはないというのが僕の説だ。ま、タイ人とこんなことで言い争っても全く意味をなさないことは知っている。

いつもなら、そんな言い争いをしても、寝る前にはお勤めを欠かさなかったとなるところだが・・・昨夜は3連投を回避した。彼女がとても眠いと言ったので。

実はごく最近のことだが、お勤めの方法、そのプロセスをめぐって彼女と僕は意見を異にすることが出てきた。それはとても重要な事柄なので、日を改めて考察してみることにする(笑)。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村   

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人間には得手不得手がありますから。
我が家では、気になった人が掃除するというルールがあります。
ゴミ出しは、私の役目です。別に苦でもないです。
さて、ゴミ出しの提案です。
ごみ集めは、日本人の貴方が前日に。
ゴミ出しは、タイ人の奥さまが持って行く。
するとあの家庭は、ゴミ出しは、タイ人の仕事ね、と。
どうするか?話し合いが大切だと思いますね。

Re: No title

スモール明さん、こんばんは。

> 我が家では、気になった人が掃除するというルールがあります。

それは・・・もし我が家に当てはめると、毎日僕が掃除ですね(笑)。

> ごみ集めは、日本人の貴方が前日に。

それは苦にならないのですが、僕がやろうとすると怒ります。
ほんとうに嫌そうな顔をします。それでも、ときどきやりますけどね。

No title

2年暮らした前彼女とは、一度の喧嘩もなかった。
細かなニュアンスが伝わらないのが、かえって良かったのかもしれない?と今は思っています。
頑固だとはよく言われたが、そんな風には自分自身全く思っていなかったが、言われたことは注意するようにはしていた。
お互いにありがとうと言う言葉が多かったかな!!
これは、ちょっとしたことにも私がありがとうと言うのを彼女が真似をしたんだろうと思います。タイ人にはねぎらう言葉が新鮮だったのかもしれません。
日本で失敗して二度と失敗したくないという気待ちと仕事をしてない余裕と歳の差が大きい事が原因してるのかな?
何で別れたのかって聞かれれば、全く別の事情ですとお茶を濁しておきます。

Re: No title

alfaさん、こんにちは。

> 2年暮らした前彼女とは、一度の喧嘩もなかった。
> 何で別れたのかって聞かれれば、全く別の事情ですとお茶を濁しておきます。

昨年以来のコメントに、しばしば別れた彼女のことが登場しますね。心の深いところに、その彼女が存在するからでしょう。僕の前妻は死別ですから、どうあがいたって元に戻ることはありえないのですが、生きて別れた彼女は・・・

いや、とくに「何で別れたのかって」聞きませんけどね。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR