FC2ブログ

ケータイの翻訳機は便利か?

6月16日(土)

チェンマイのゴルフ場は結構たくさんあるが、1か所だけ年会員になっている。でも最近はめったに行かない。スコアが90~100くらいのアベレージゴルファーの域を脱することができないので、あまり面白くないのだ。そろそろ飽きてきた感もある。でも、日本からゴルフ好きのお客さんが来た時だけは別だ。昨日は何と4か月ぶりにそのゴルフ場に出かけた。

スコアが冴えない昨今、ゴルフをやる楽しみのひとつは終わった後の食事だ。2時間くらいビールを飲みながら、よもやま話をするのが好きだ。昨日プレーしたお客さん(2人)はチェンマイに初めて来られたのが去年で、今回が確か4回目くらいだと思う。初回からタイに嵌っていって、今ではチェンマイの夜についても大変お詳しい。その手の話題になると、僕なんかは最早ついていけない。

では、そういうお客さんがどうやってタイ女性と会話しているかというと、最近はケータイの音声翻訳機を使うらしい。それで、その翻訳機の精度がどれくらいなのか興味があったので、レストランで食事しながら試してもらった。


「明日一緒に遊びに行きませんか?」・・・僕だったら「プルンニー パイ ティアオ ドアイカン ダイマイ」と簡単に言うだろう。ところがその翻訳アプリは・・・「シャン トンカーン・・・」と、よく覚えていないけれども、ほとんど聞いたことがないような馬鹿丁寧なタイ語に翻訳した。文章は信じられないくらい長い。

次に「部屋に来ませんか」を試してもらったところ・・・

これも「シャン トンカーン・・・」と、またまた聞いたことがないような馬鹿丁寧なタイ語。要するに、日本語独特の丁寧な言い回しで入力すると、翻訳機はタイ人の庶民が使わないようなタイ語に訳してしまう。それでも通じると思うが、日本語で言うと「部屋にお越しいただけますでしょうか?」というようなニュアンスだ。女の子を誘う時に、絶対に!そんな言い方しないよね!?

そこで、僕はハタと気が付いた。喋っている日本語が丁寧過ぎるんではないだろうか。「部屋に来ない?」と言ってもらうと・・・「マー ホング マイ」と僕らが普段使うレベルのタイ語に翻訳してくれるようになった。

次は僕がリクエストしたのではない。

彼は何を思ったのかは知らないが、「セックスしない?」と入力した。きっと必須のフレーズなのだろう。ケータイの音声入力はかなり大きめの声を出さなければならないらしく、彼もそれなりの声を出した。周りには僕たち4人の男の他は日本人はいない。

僕の隣に座っていたチェンマイ在住の友人は「アオカン アオカン」と大きな声を出した。「そんなわけないだろう」と言って、僕は翻訳されたタイ語を大きな声を出して読み上げた。しかも、1度や2度ではなく、3度も。周りにはタイ人がいるのに・・・それに気づかず、「クン ミー セック ダイマイ」「クン ミー セック ダイマイ」「クン ミー セック ダイマイ」

うしろを振り向くと、タイ人の男女従業員3人がすぐ近くにたむろしていた。幸いほかにお客さんはいなかった。でも、「うわー、しまった!」と僕は赤面した。僕のタイ語はそれなりに発音がいいので、「こいつら男同士で何を言ってるんだ」と従業員たちは思ったかもしれない。もちろん、そんな顔つきをしたり笑ったりする人は一人もいなかったが、恥ずかしいったらありゃしない。

音声入力の翻訳機を使うときは、周りに知らない日本人がいないか、知らないタイ人がいないか、よく注意してから使う必要がありそうだ。「あんた、何言ってるんや!日本人の恥や!」と怒鳴りつける日本人の年配のおばさんがいるらしいので。もっとも、タイに来て遊ぶ男性は、周りのことなど全然気にならないのかもしれないが・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も利用しますが、基本的に文章は、ダメですね。
英タイ語のようにはいかないですね。
単語のみ使うようにしています。
単語でも困ったのが、車の部品等の専門用語、これなど日本語もほとんど英語から来ているが全く分からない。こういう時は写真を見せます。
何回か話した人は、こちらの発音も理解してくれるが、初めての人は苦戦しますね。
先日から夜が寝れない日が続きます。
今朝食を食べながらの閲覧です。これでは当分続きそうです。

Re: No title

alfaさん、こんばんは。

> 私も利用しますが、基本的に文章は、ダメですね。
> 英タイ語のようにはいかないですね。

同じ翻訳機を使ってまず日本語を英語に訳し、それをまたタイ語に翻訳する方がいいという人もいますね。

> 先日から夜が寝れない日が続きます。

どうなされたのかな?

No title

滞在も、後半戦になりました。
新参の遊び人ゴルファーの方、日本に奥様がいるかどうか存じませんが、Niyom様の新婚話に感化され、スマホ片手に ようし俺だって今度はパートナーになるような若いタイ女性を!と発奮されるかもしれませんね。
ゴルファーの方、たいてい負けん気が強いですから。

定宿の飼い犬(雑種のメス)はお年頃で発情期のようですが、凄いフェロモンの持ち主らしく、近来見ないほどの数のオス犬(首輪ありも野良も)が朝な夕なにウロウロ。
観察していると、犬の口説き方も人間同様 様々だなぁと苦笑。ライバル同士の喧嘩も。
本命のオス犬君ですが意外と淡白、メス犬からオス犬にマウントする光景を見ました。欲求不満でしょうか。

Niyom様の愛犬たちも、近所のメス犬のところへ口説きに行ってませんか?

Re: No title

まりのさん、こんばんは

> ようし俺だって今度はパートナーになるような若いタイ女性を!と

遊び人ですから、適当に相手を見つけて、適当に遊ぶだけです。50歳くらい若いお相手専門のようですよ。軍資金潤沢のようです。

> Niyom様の愛犬たちも、近所のメス犬のところへ口説きに行ってませんか?

うちは放し飼いはしませんので、それはないです。2匹とも箱入り息子です。純正チワワの方は交配のリクエストがありますが、チビがかわいそうなので、まだお受けしてません。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR