FC2ブログ

エアークーラー、やっぱりダメだった

6月17日(日)

先日HomeProというタイでは超有名なホームセンターに彼女と一緒に行った。僕は全然興味がなかったんだけど、彼女が「あら、1,500バーツだって。安いわ。ひとつ買いましょうか。2階は暑いでしょう。パソコンで遊ぶとき、エアコンの代わりに使えば電気代の節約になっていいわ」と言うので、ついつい騙されたつもりで買ってみた。

DSC_2242.jpg

エアークーラーというのは、このような箱形をした“冷風”を発生させる装置で、僕たちの買ったのはかなり小さなものだけど、大きいのもあるし、値段も1500バーツくらいから、5000バーツ以上のものまである。

“冷風”と、ついつい筆が滑ってしまったが、正しくは“涼風”と書くべきなんだろうと思う。というのは、この機械から出てくる風は、ほとんど冷たくないからだ。エアコンとはまったく違う。

仕組みは今さら言うまでもないが、この機械の下部に水を入れる深さ10数センチの引き出しがあって、運転すると水が内部を循環する仕掛けになっている。その水のおかげで、原理としては扇風機よりは温度の低い風が出てくるはずなのである。

DSC_2244.jpg

普通の水よりも、冷たい水の方が温度が下がるはずである。それで、水の中に氷を入れたり、付属している水の入ったケースをフリーザーで凍らせて、引き出しの中に水と一緒に入れるとよいことになっている。

もうすでに冒頭で「やっぱりダメだった」と書いているように、氷を入れても冷風なんか出てくるはずがない。最初は冷たい水でも、循環しているとすぐにぬるくなるのだ。では涼風はどうか?涼しいかどうかは主観的なものなので、人によっては“涼しい”と言うかもしれないが、僕は言わない。なぜなら、扇風機と並べて置いて、どっちが涼しいかテストしてみたけれど、どっこいどっこいの感じがして勝敗はつけにくかった。

もちろん、扇風機だって涼しいと感じる時もあるから、エアークーラーだって、涼しいとも言える。でも問題は氷が解ける速さだ。正確に測ったわけではないが、大量に入れない限りは15分か20分で完全に溶けてなくなるし、そもそも部屋の温度が高いうえに、水の温度も高めなので効果が実感できないのだ。

ということで、彼女の親切心には感謝したいが、暑い日中はエアコンが欠かせないという状況に何ら変化は生じていない。夏とは言え、たまに涼しい日もあるから、そういう時はエアコンの世話にならずに扇風機で事足りる。ということは、エアークーラーはやっぱり役立たずなのである。

扇風機の方がファンが強力だし、風の届く幅も広く、距離も遠い。しかも、はるかに安価だ。ひょっとしたら、これくらいは常識だったのかな・・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR