FC2ブログ

二度あることは三度ある

6月29日(金)

後味の悪いサッカーを見た後、「まあいいか」と自分で納得して寝たのは昨夜の11時半。日本のW杯決勝トーナメントへの進出は、僕の記憶が間違っていなければ、これで三度目だと思う。

「前代未聞」などと海外からは批判的な論調が多く伝えられているが、日本国内の反応はどうなのだろうか?これはサッカー独特の特殊なルールがそうさせた訳だ。でもこれは勝ち点が同じチームがある場合、得失点差と最後は警告(ファウル)の数で決勝進出を決めるというルールであって、あくまでも“結果として”そうなるという意味合いが強い。

競技、スポーツとしてのサッカーという点では、見ていて(きっとプレーしている選手たちの多くも)実に面白くなかったろう。ある意味情けない幕切れだった。次のベルギー戦に尾を引かないか心配だ。


ところで、今日の「二度あることは三度ある」はサッカーのことではなく息子のことだ。息子のことと言えば最近は「遅刻」のことだ。最初に遅刻したときに「一度あることは二度あって、二度あることは三度ある」と予言したのだが、あっという間にその予言が成就してしまったというわけである。

例によって6時半に電話すると、今日もちゃんと起きていた。「今日は金曜だよ。がんばってね」と言って電話を切った。雨も降っていないし、二度寝の心配もなさそうなので、すっかり安心していた。

そしたら、キターーーーーーー!「遅刻です。7時57分」

今週これで2度目。今月は3度目だ。でも、7時57分って・・・8時から授業が始まると説明を受けた。そのとき「7時45分までに登校してください」と言われたことも覚えているが、「7時45分を過ぎると遅刻になります」とは言ってなかったような気がするが・・・

前回のように1時間以上も遅刻すると、その分授業を受けられなかったわけだから、授業料をいくらか損したことになる、という考え方もあり得る。でも今日のように、授業自体に間に合っていれば、形式はともかく、実質的な問題はないのだ、という考え方もあり得るわけだ。

それにしても1か月に3回の遅刻は多すぎる。ブログで遅刻ネタのオンパレードは何としても避けたい。ということで、今日は夕方息子の好きなお好み焼き屋へ連れて行って、彼女と一緒にしっかりとネジを巻いてみようと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時間に厳しい学校ですね!
息子さんがこの学校を無事に卒業できれば、日本人のような時間厳守の人間になれますね!
怒らずに気長に見守ってあげてくださいね!

Re: No title

787さん、こんにちは

> 息子さんがこの学校を無事に卒業できれば、日本人のような時間厳守の人間になれますね!

なるほど、そういう見方がありますね。前のハイソの普通科の高校は遅刻しようが無断で休もうが大甘で、何の連絡もありませんでした。それなのに結果は時間数が足りずに落第ですからね。今の高校は学力という点では出来の悪い生徒が多そうですから、せめて時間管理は厳しくしようということかもしれません。いいことですね。

No title

今月,三度の遅刻は多すぎですね!!
て言うか、これは癖のものですから、もうしっかりお灸をすえておいた方がよさそうですね。
但し熱くならずにじっくり答えるような方法を練り上げた方が良いと思います。
その上で、来月は遅刻しなかったらご褒美で癖づければいいんじゃないですか?

Re: No title

alfaさん、おはようございます

> 来月は遅刻しなかったらご褒美で癖づければいいんじゃないですか?

なるほど。生活費を除くお小遣いは月1500バーツですが、例えば1か月間無遅刻なら300バーツプラスする。そのあとも継続して無遅刻なら毎月さらに100バーツずつ累進的に増やす。7月から来年2月までの8か月の間、無遅刻を通したら、息子にとっては約5000バーツの増収となります。でも途中1回でも遅刻したら、翌月からリスタート。こんな感じですかね。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR