FC2ブログ

本気で銀行からお金を借りるつもりかな?

10月20日(土)

彼女は家を建てるために銀行からお金を借りることを真剣に考え始めたようだ。

彼女は僕が家を処分したお金で土地ぐらいは買ってくれるだろうと胸算用していたはずだ。昨日の話で、親戚までシャシャリ出てきて一筋縄ではいかないと判断したようだ。でも、がっかりしたり文句を言ったりしなかった。ものごとを前向きに考え出したフシがある。それ自体はいいことだけど、本当に借金できるのだろうか?

車一台買うというなら、タイ人なら比較的簡単にローンが組めると思うが、土地付きの一軒家となると、そうは問屋がおろさないと思うがどうだろうか・・・

昨日の夜、彼女は何やら1時間以上も電話で誰かと話していた。傍で聞いていると、相手が誰かは分からなかったが、家のローンのことがテーマになっていることだけは分かった。あとで話してくれたのだが、相手はイサーンのブリラム県に住んでいる親戚の女性だった。

“お姉さん”と彼女が呼んでいるその女性は、公立学校の先生をしている公務員だ。年齢は33歳で大学院を出ている。それでも月給は18,000バーツだそうだ。安い。子供は4歳と2歳の2人いる。旦那の給料はたったの12,000バーツだそうだ。でも彼女に関しては公務員だから将来の不安はない。そのうち給料も上がっていって、いずれは高い年金をもらえる身分だ。だから、銀行から借金するのも容易いようだ。

お姉さんは銀行から200万バーツ借りた。そして今年160万バーツで家を建てたそうだ。イサーンだから土地は安い。160万でもそれなりの立派な家に違いない。残りの40万バーツは貯金に回したそうだ。

日本人なら「???」となるであろう。日本の住宅ローンでは考えられない。残りを貯金するなんて。つまり、タイには日本式の住宅ローンは存在せず、単に銀行がお金を貸してくれるだけのようだ。しかも、月給が2万バーツもない人がポンと200万バーツの借金ができる。日本に当てはめてイメージで言うと、月給20万円の人が2,000万円借りるようなもんだ。日本ではとても無理だ。それをゆっくりと30年かけて返済していくらしい。さすがタイでは公務員は優遇されている。

僕が「利息は?」と聞いてみたら、「あっ、聞くのを忘れた」というから、しっかりしているように見える彼女も抜けている。自分も銀行からお金を借りようかと考え始めたくせに、利息、というか毎月の返済額を聞き忘れるとはね・・・

ここは暫く彼女の行動力を見てみることにしようと思う。もし本当にお金を借りるとするなら、僕の年金の証明などが保証のために必要になるだろう。銀行はゴルフ場のキャディーにお金を貸さないような気がする。でもタイの公務員よりは高い収入がある外国人の夫がいれば、銀行も貸すかもしれない。問題は保証人の年齢制限が存在するかどうか・・・かな?

そうやって彼女自身が借金できれば、彼女の念願の持ち家の夢もかなえられるかも知れない。そうこうするうちに僕の家が処分できて、その一部を返済に回すことも可能性としてはあるだろう。夫婦関係が破綻していなければ。

実を言うと最近、お勤め以外の部分では少々夫婦の関係が冷めてきていたような気がするのだが、昨日の彼女の落ち着いた態度を見ていると、この子も“外れ”ではないような気がしてきた。彼女に“賢妻”の資質があるかどうかについては、いつかジックリと考察してみようと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
その後、彼女がお姉さんに確認したら、200万バーツは何と40年返済で、元利合計で500万バーツ位を返済することになるそうです。年利いくらですかね?ちなみに毎月の返済額は12,000バーツだそうです。本人も旦那もボーナスがあるので、何とか返せるようですね。でも、73歳での完済というプラン。僕の感覚からすれば、「え~?よくやるよ」と思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

融資条件

収入のない人に住宅ローンは出来ないと思いますが、そこはタイですから、不動産担保と保証人資力の査定次第かもしれません。
彼女の奥ゆかしさからのアクションでしょう。
問題ある旧自宅の持分に銀行担保融資が出来れば一石二鳥かもしれません。
今後のブログ楽しみです(失礼)


Re: 融資条件

のり3さん、こんばんは。

> 不動産担保と保証人資力の査定次第かもしれません。

実は年金生活者の日本人夫のいるほぼ無収入の女性が銀行融資を受けて住宅を買ったという実例を別の人から聞いています。その日本人が亡くなって、現在は遺族年金で返済しているらしいです。

> 彼女の奥ゆかしさからのアクションでしょう。

彼女も、それ狙いかもしれません。

借金をするために預金が必要です

こんにちは。
経験者としてお伝えしますと、銀行から借金をする場合は、まずその銀行の口座に預金をすることを求められます。
200万バーツだと、多分50万バーツくらいの預金が必要だと思われます。
これが工面できないようだと無理ですね。
個人的には、お金が必要だから借金する、という状況でなぜそれなりの額の預金を求められるのか理解できませんが、それがタイのシステムです。
もし本当に彼女が借金を計画するなら、この点を含め、図というかフローチャートを書いて説明させるようにした方がいいと思いますよ。

Re: 借金をするために預金が必要です

パ太郎さん、おはようございます。

> 銀行から借金をする場合は、まずその銀行の口座に預金をすることを求められます。

そうなんですか。もちろん従前から取引のある政府系銀行の融資を考えているのでしょう。彼女の問題ですから、当面は黙って見ていようと思います。保証人を求められれば・・・夫婦ですから「関係ない」とも言えませんけど。

タイ人女性との恋愛

ブログ楽しく拝見背せて頂いています。 貴殿のように何人ものタイ人女性と素晴らしい恋愛をされた方でも 最終的には周りの全ての人から お金をせびられるんですか... 何か切ないですね。 今後 タイ人女性から 日本人かと聞かれたら いやベトナム人で漁師をしていましたと答えてみようかと思います、 多分 相手にされないとは思いますが...

Re: タイ人女性との恋愛

カルロスさん、こんにちは

> 最終的には周りの全ての人からお金をせびられる

だいたいそのような感じになりますね。お金がほとんどなければ、せびられないので、案外タイでは幸せかもしれません。ただし、外国人は食べるだけのギリギリのお金しかなければビザが貰えませんから辛いところです。性格の悪くない女に出会ったら、お金は適当にくれてやることですね(笑)。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR