FC2ブログ

金は天下の回りもの

11月14日(水)

判決が出てからもう2週間以上になるが、相変わらず日本のマスコミは大きく取り上げている。韓国の徴用工?による賠償金請求問題のことだ。

(旧)新日鉄に命じられた賠償金は一人当たり1000万円、4人だから4000万円にすぎない。大企業にとっては痛くも痒くもない金額だ。もちろん問題はそんなことではない。“蟻の一穴”という人もいるが、そういう問題でもない。1965年の日韓条約とそれに伴う日本政府からの巨額の賠償金の支払いですべて決着しているというのが日本政府の見解であり、国際的にも当たり前の解釈だろう。韓国の最高裁が下した判断の異常さに開いた口が塞がらない。

今日はこの問題を詳細に論じるつもりはない。お金に関することを書くための枕として取り上げたまでだ。とにかくお金が人を動かし、企業や組織を動かし、国家を動かし、世界を動かしていることは間違いない。

お金は水のように高いところから低いところへ流れていく性質を持っている。一方お金は持っているところに更に集まる傾向もある。「世の末が近づくと、金持ちはさらに金持ちになり、貧乏人はさらに貧乏になる」と聖書にも書いてある。

急に身の回りの話をしよう。話のレベルの落差が激しいが、この際は気にしない。

最近彼女のお金への執着が目に付くようになってきた。まず、毎日のように仕事をするようになった。これまでは週に1回仕事に行くか行かないかという頻度だった。と言うより、ほとんど行っていなかった。ところが先月あたりから様子が変わってきた。

彼女がゴルフ場に仕事に行くと、お客さんが何ホール回るかによって稼ぎが変わる。収入に占めるチップの割合は想像以上に大きい。先日はファランが18ホール回ってチップを700バーツくれたそうだ。かなり珍しい例だろう。

残念ながら最近の日本人はタイ人よりもケチらしい。ゴルフをするようなタイ人は大概公務員か医者だから貧乏人はいない。そういう職業の退職者の年金は月に5万バーツ以上ある(一般のタイ人に年金はない)。だから余裕でチップを400バーツ以上くれる人が多いという。

彼女が仕事に精を出して小金を稼ぐのはいいことだ。ところが問題は、それなのに彼女の財布の紐がえらく固くなってきたのだ。

僕は彼女に生活費+αとして毎月お金をあげている。その中から自分の父親やお姉さん、さらにはイサーンの母親たちにお小遣い程度は渡っているのかもしれない。亡くなった前妻も毎月決まった額を仕送りしていたから、外国人の夫を持つ(上流ではない)タイ人女としてはごく普通のことだろう。

わが家の家計の仕組みはこうだ。家賃や水道光熱費、食費や生活必需品は僕が渡す“月給”から支出する。車のガソリン代と僕が買う薬代等は、僕が立て替えて後から彼女に請求する。「今日ガソリン1000バーツ入れたよ」と僕が言えば、彼女は財布から1000バーツ出す。ゴルフなどの遊興費は僕が自分で出す。高めの日本食を食べに行ったようなときは、その時の気分次第でどちらが払うかその場で決める。そういう仕組みだ。

ところが・・・このところガソリン代や薬代を請求してもなかなか出さなくなった。嫌とは言わないのだが、嫌そうな顔をする。それだけでなく1週間も2週間も放置される。「月給から天引きするぞ」と言っても動じない。

毎日のようにゴルフ場で仕事をすると、この季節になれば月に最低でも7000~8000バーツになるだろう。それなのに、毎日夕方、一品30バーツくらいの安い総菜を3~4品ほど買ってくるだけだ。仕事しているから出来合いの総菜になるのは仕方ない。しかし大体いつも同じものばかり!ビールなどは先月から買ってこない。

僕が食べたい豚肉やチーズ、野菜や果物、さらには洗剤、ティッシュペーパーなどの日用品、それに必需品の避妊具などは自分でBig-Cやリンピンストアで買ってきて彼女に請求するが、すぐには返してくれないのだ。困ったものだ。何のための月給だか、わかりゃしない。

彼女が買う服や化粧品はたいてい通販のもので、値段は安い。外で女友達と飲むことがあると言っても、せいぜい月に4~5回で、1回200バーツくらい。しかも最近は皆無になっている。つまり、彼女は家でも外でも飲まなくなった。浪費と言えば、僕のゴルフが最たるものだ・・・でもそれを彼女が言わないところはまだ可愛い。

とにかく彼女のケチぶりが目立ってきたわけだ。稼ぎが増えたはずなのに、それに比例してケチになる。これはどういうことだろうか・・・???ひょっとして、リンピンストアで高めの食材を買ってきたり、いつもウイスキーを飲んでいる僕の浪費に業を煮やして、家計を引き締めようとしているのだろうか。

ひょっとして、僕の資産は当てにならないと踏んで、家を建てるための「ケチケチ、コツコツ作戦」を始動したのだろうか。僕が買い物をしてくると即座に財布を開けて払ってくれた彼女が別人のような“ケチケチ嫁”に変身しつつある。“宵越しの銭は持たない”はずの下層タイ人(失礼)としては珍しく倹約家なのかもしれない。

楽々生活を望んでいる僕としては、果たしていいことなのか、それとも不吉な兆候か・・・ただ、彼女は毎朝4時半に自分だけ起きて、1階の部屋を掃除し、洗濯し、僕の朝食を用意し、犬の世話をしてから6時半ごろ仕事に出かける。嫁としては出来ていると考えれば、ケチケチ嫁との暮らしも幸せかもしれない。ただし、毎日同じ総菜は勘弁してくれー!

(今日も長い作文だった。1時間近くも費やした、フーーーー!)


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4時半に自分だけ起きて、、、、

失礼ながら、すごい賢妻に変貌されましたね。

smashing bodyといい、言うことなしですね。

Re: 4時半に自分だけ起きて、、、、

P-takさん、こんばんは。

愚妻の早起きは前からです。午前3時~5時にかけて犬(チビ)が2階の寝室のドアの前に来て「外に出してくれ」と言って吠えます。私は寝てます。

No title

私は日本在住で、国産の妻との結婚歴は40年近くなります。

生活費はNiyom さん同様結婚してからずっと私が支給し、生活費以外の金銭管理は私がしています。

国家でも家庭でも同様ですが、お金を持っている人間が支配権を持ちますから給料袋ごと妻に渡してその中から自分の小遣いをもらうなど私には考えられません(笑)。

残りは私が株式投資で運用する原資ですが、私が会社からいくら貰っていたか妻は今でも知りません。

妻に知られていない自由に使える金が潤沢にあるので、気兼ねなくバンコクに年通算100日位滞在できるのが男の甲斐性というものではないでしょうか?

>>このところガソリン代や薬代を請求してもなかなか出さなくなった

これは反則ですね、現金を銀行に預けて余分なお金を手元に持たないようにしているのでしょうか?

座布団一枚

面白いーーー 

チップについて?

最近,ゴルフのチップは日本人の間では、バンコクは400バーツ・その他地域は300バーツらしいですが、誰が決めるのでしょうかね?
まあ日本人の横並び精神からでしょうかね?              もしバーディーがあれば別にチップをしますが、そのパットはほとんど外れます。嫌な顔されますが、キャディーその熱心さにチップです。


Re: No title

AAAさん、こんばんは。

> 妻に知られていない自由に使える金が潤沢にあるので

何とまあ羨ましい。わが家は妻が勘違いしていて、私にお金があると思っているので、困ったものです。

> 現金を銀行に預けて余分なお金を手元に持たないようにしているのでしょうか?

“月給”は銀行振込してます。手許にはあまりないです。それにしても、2週間たっても返さないのはルール違反です。困ったものです。

Re: 座布団一枚

カメザコさん、今晩は

お名前が面白いーーー 

Re: チップについて?

のり3さん、こんばんは。

>(チップは) 日本人の横並び精神からでしょうかね?

チェンマイのここ数年の相場は最低300です。ゴルフ場によってはもっと高く出すように張り紙等でハッキリと宣言しているところもあります。確かに日本人のグループは全員チップの額を<低めに>合わせることが多いようですね。ファランやタイ人は、そういうことをあまりしないようで、人それぞれピンからキリまでのようです。当然、気に入ったキャディーには多く払います。500も結構あるみたいです。700となると例外的でしょう。

私は指名したり、偶然付いたキャディーでも気に入ったときは、どこのゴルフ場でも400払います。以前、友人で270払うという人がいましたが、「300にしなさい」と言いました。ケチを丸出しにしていいことはありませんから。しかしこれはゴルフの頻度によっても変わるでしょうね。毎日ゴルフする人と、月1の人では全然考え方が変わります。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR