FC2ブログ

年末年始も休みなく働く彼女だが・・・

1月1日(月)

タイ歴2562年、西暦2019年、平成最後の新年、あけましておめでとうございます。皆様のご健康とお幸せをチェンマイよりお祈りいたします。

さて、大晦日も一日中、ニコニコ生放送の将棋番組を見てしまった。早朝から夕方まで一人きりなので、ほかにやることもない。年末年始はゴルフ場も思いっきり混んでいるから、さすがに一人で行くのは憚られる。

わが嫁は、12月は僕の病院行きに同行するため2日仕事を休んだだけで毎日のように働いた。稼ぎは2万バーツ以上になったと思う。そのせいか態度が少しデカくなってきた。「家事は夫婦で分担すべきで、女だけがするのはおかしい」と宣うようになってきた。1年前は「家事は自分が全部やりますから、あなたは口も手も出さないでください」と言っていた。

まあそれは正論だからいい。僕も家事をするのは苦ではない。どちらかというと掃除も洗濯も好きな方だ。若い頃は女のヒモになることを理想としていたことも・・・それは、さすがになかったけれど。

最近彼女はめったに手料理を作らなくなってきて、お姉さんが市場で総菜を買って差し入れることが多くなった。前にも書いたが、いつも大体同じメニューなので飽き飽きしてきて、昨日も一昨日も僕が自分で料理した。彼女は仕事の後、友達の家へ寄ってご飯を食べ、ビールを飲んで帰ってきた。せっかく僕が腕をふるった料理にほとんど手を付けなかった。頭に来たけど、年末だからカリカリするのは控えて我慢した。

今日も彼女は6時から出かけて行った。正月はキャディー全員に出勤命令が下っているのだとか。だから正月も何もあったものではない。家の中をよく見たら、ゴミ箱のごみはそのままだし、台所の生ごみも全部そのまま。今日は元旦だけどゴミ収集に来る日なので、大慌てで大きな袋に詰めて出した。役割分担だから文句はない。

今晩は彼女の友達が遊びに来るので、僕がお好み焼きを振る舞うことになっている。ビールとウイスキーもたくさん用意しておいた。さっき朝っぱらから近所のスーパーへいろいろと買い出しに行ってきたので、冷蔵庫が満杯になっている。でもよく見たら肝心のキャベツを買い忘れた。また出直しだ。これで、今日も外で飲んできたら、それこそ破門、いや破談、いや破滅、じゃなかった、そうそう離婚だ!なんてね。

まあそういう了見の狭いことはこの際なしにして、今年は年齢相応の鷹揚な生き方を目指そうかと思っている。ただし、お勤めは年齢相応ではなく、青年のように励んで参りたいと思っている。

めざせ!お勤め年間200回!ゴルフはハーフ30台!将棋はアマチュア2段!料理はセミプロの腕前!そしてブログは、年間100回くらいと控えめにしておこう。みなさま、今年もよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

謹賀新年

おめでとうございます。
新年からお二人の微笑ましい姿が目に浮かびます。
月収2万バーツ以上とはすごいですね、家購入の頭金として貯めているのでしょう。
主夫業を楽しんでおられるようで、今年も大いに幸をエンジョイして下さい。

明けましておめでとうございます

Niyomさん、明けましておめでとうございます。正月のタイのゴルフ場は忙しいんですね。奥様は働き者で、いいことだと思います。ウチの場合は旦那に文句を言うのが仕事みたいなもんですから。明日2日は初打ちなので、1日はゆっくり過ごしました。こちらは、お勤めも何もないので、機能低下、退化が著しいです。2月にやっとタイに行けるかと思うと、今からワクワク感がたまりません。今年も、よろしくお願いします。

Re: 謹賀新年

のり3さん、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

> 新年からお二人の微笑ましい姿が目に浮かびます。

“歳の差婚”の違和感をものともせずに今年も暮らしていこうと思っています。

> 主夫業を楽しんでおられるようで

う~ん、この点は微妙ですね。嫌いではないのですが、やっぱり楽をしたいというのが本音でしょうか。

Re: 明けましておめでとうございます

アンさん、おめでとうございます

> ウチの場合は旦那に文句を言うのが仕事みたいなもんですから

いやいや、最近はウチも平気で文句を言いますから同じです。日本人もタイ人も、また歳の差も関係ないですね。

>こちらは、お勤めも何もないので・・・2月にやっとタイに行けるかと思うと、今からワクワク感がたまりません

日本でそれだけゴルフを頻繁にしておられるとすれば、そのワクワク感はなにゆえでしょうか?2月はまだ暑くないと思いますので、いろいろと楽しんできてください。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR