FC2ブログ

たまには街の空気を吸いたい!

1月20日(日)

土日は当然彼女はキャディーのお仕事。僕はゴルフ場でチマチマとした練習。毎日毎日同じことの繰り返し。いつも朝から夕方までの時間は一人だから、いやんなっちゃうこともある。

というわけで、今朝はいつもの練習を終えたあと、チェンマイ中心部に繰り出した。行先はセントラル・フェスティバルという大型シッピングセンター。以前はよく買い物した場所だが、この半年くらいご無沙汰していた。

DSC_2717.jpg

今日は日曜で随分と人が多かった。セントラル・デパートはチェンマイ市内に3か所あって、ここは3年くらい前にオープンした一番新しいセントラルだ。はじめの1~2年はいつも閑散としていて、そのうち潰れるのではないかと心配すらした。ところが暫くぶりに来てみると、客が相当集まるようになっている。

とくに何かを買うつもりで来たのではなく、たまには人ごみの中で時間を潰すのもよかろうと思っただけだ。元来都会人の僕は、ずっと郊外に引っ込んでいると、時々そういう気分になることがある。

最初に入ったのはユニクロ。ゴルフ用に白のシャツを前から探していたが、うまい具合にいいのが見つかった。

DSC_2719.jpg

似たような吸汗性のシャツをゴルフ用品店で買うと1000バーツ以上する。ついでに、やはりゴルフ用に白のショートパンツも買った。念のために言うと、白と白で合わせることは絶対にない。それぞれ別々に着用する。

DSC_2720.jpg

お値段は両方で1600バーツほど。僕にとっては結構な散財だ。彼女が聞いたらびっくりするだろう。彼女はこんな高い衣料品を買ったことはなく、せいぜい250バーツまでだ。

DSC_2722.jpg

さて買い物のお次は、お昼の時間。これまで何回も入ったことのある4階のフードコートに寄ってみた。大衆食堂だけあって、しかも休日だから混んでいた。こんなに人が入っているのは見たことがなかった。それを口実に5階のレストラン街へ上がって、これまで一度も入ったことのない有名店に白羽の矢を立てた。

DSC_2715.jpg

前から一度は食べてみようと思っていた店の一つだが、入るキッカケがなかった。衣料品に1600バーツも使ったのだから、食事は質素なものにすればいいのに、僕の場合は逆の発想になる。「散財ついでに使っちゃえ」となってしまう。昔からの悪い癖だ。日本人みんながそういう性格なら、日本の経済はもう少し活気が出ていてもおかしくない。

DSC_2706.jpg

こういうカウンター式の鉄板焼きは何年ぶりだろうか。おそらく7~8年ぶりくらいかな。

DSC_2709.jpg

注文は、これまた「散財ついで」となって、ニュージーランド・ビーフのステーキ、約300バーツ。更に散財してビールの大びん140バーツを追加。

DSC_2713.jpg

DSC_2712.jpg
セットに付いて来るガーリック炒飯と野菜炒め

ダメ押しの散財は、白いご飯に替わるガーリック炒飯。でも追加料金は25バーツと安かった。まわりを見ると、ほぼ全員がガーリック炒飯を頼んでいた。ここの名物なのだろう。ステーキはまずまずの味だったが、これは素晴らしく美味しかった。

鉄板焼き店のお会計は500バーツ超え。ユニクロと合わせると2000バーツ以上の出費となった。最近は“下流老人”とか言われることも多い年金生活者としては分不相応かな(笑)。街の空気を吸うために出かけたにしては随分な散財であることは間違いない。彼女には内緒にしておいて、あと半年は我慢するか・・


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美味しそうですね

Niyomさん、こんにちわ。おしゃれな店で、美味しそうなステーキですね。私が毎日通っている鉄板焼き屋さんは、お好み焼きや焼きそばなどがメインですが、佐賀牛のステーキや刺身などもあります。極め付きは、マスターが打つ10割の手打ちそばです。ワサビは私が長野県の安曇野産の生を20日おきに取り寄せています。絶品です。そういえば、先日、ユニクロで買ったものといえば、超極暖のズボン下です。1900円ぐらいするので下着としては結構高いですね。日曜日の月例はバーディースタートだったものの、後半は50をたたいてガックリでした。練習もしていないのに好スコアだけは、期待するというのはあまりにも虫が良すぎました。日々、ゴルフ場で練習できるというのは、ルーティーンとしては幸せなことだと思います。だれしも、健康第一でしょうから。

Re: 美味しそうですね

アンさん、こんにちわ

> 佐賀牛のステーキや刺身・・・マスターが打つ10割の手打ちそば・・・ワサビは安曇野産の生・・・

そうなると毎晩お酒が進みますね。私も50過ぎてからの一人暮らしを経験しましたが、好きなお店へ行ったり、少し贅沢な惣菜を買ってきて食卓に並べたりして、けっこう食生活は充実していましたね。

> 日曜日の月例はバーディースタートだったものの、後半は50をたたいてガックリ

バーディースタートは良くないらしいですね。知り合いのプロもそう言ってますし、私自身も結構ありますが、不思議とすべて散々な結果に終わってます。何事も、尻上がりに良くなるほうがいいようですね。人生そのものも、そうありたいものです。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
身を削って過ごした30余年のサラリーマン生活にピリオド。ここチェンマイに移り住んでからも、楽しいこと辛いこと、いろいろとありました。でも、それは全部過去のこと。人生、どこまでリセットできるものなのか、自ら実験台になって生きています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR