FC2ブログ

彼女たちはパタヤに行っていた

9月23日(土)

昨日は、お姉さんが一人で運転する車でバンコクへ向かったので、少し心配になった。それで何度かLINEで現在地を彼女に尋ねた。

夕方の5時近くになって、意外な返信がきた。「今パタヤに着きました。出発してから12時間。」・・・あれれ、バンコクじゃなかったの?

1506130833780.jpg
彼女からの写真

チェンマイから12時間かけて、パタヤの中心部に着いたというのだ。その間、お姉さんが一人で運転、他のお友達は姦しくお喋り三昧かと思ったら、彼女以外はぐっすりと眠っていたそうだ。彼女だって、本当はどうだったか・・・何しろ4時起きだったから。

1506130735987.jpg

彼女のお友達2人。ともかく無事に着いてよかった。男であろうが女であろうが、やっぱり一人で12時間の運転はきついはず。ましてや朝4時起きで出発したとなると、誰だって心配する。

今回の女5人の旅は、最初総予算を15000バーツと考えていたそうだ。つまり、一人当たりの分担金が3000バーツ。それで往復のガソリン代や3泊4日の宿泊代、食費が賄えるのだろうか。

僕は最初から疑問だった。それはチェンマイ価格というもの。バンコク、ましてやパタヤにも行くとなると、ホテル代と食費はチェンマイとはかなり違うはず。それを読み切れないのは、やはり田舎者ということ。

昨日彼女たちがチェックインしたホテルは、2つの部屋を3人と2人で使って、全部で3100バーツだそうだ。つまり一人600バーツ。

夜の食事は1370バーツ。つまり一人280バーツくらい。何を食べたかしらないけど、パタヤでその価格なら、結構出費を抑えたと言えるだろう。

ちなみにチェンマイからパタヤまでの片道のガソリン代は、2000バーツで済んだそうだ。1400ccの小型セダンだから、そんなもんか。

全部を足すと、初日の出費は3100+1370+2000=6470バーツとなる。ガソリン代を除けば、一人1000バーツ未満で済んでいるから、まずまずの出足か。これ以外の個人的な出費はまた別だ。

プールしている予算が15000だから、残りは8530。誰がお金を管理しているかは知らないが、今日と明日、そして帰りのガソリン代のかかる月曜日。到底足りるとは思えないが、どうだろうか。

実はいざという時のために、来月20日に返すと言う約束で、お姉さんに5000バーツ貸してある。彼女にあげた2000バーツとは別だ。担保として、お姉さんは金の指輪を差し出してくれたが、それは受け取らなかった。

去年、彼らの生まれ故郷のイサーンで親戚(母方のおばあちゃん)の葬儀があったとき、彼女の頼みで5000バーツ貸したことがある。あのときは、あっさりと返済不要にしてあげた。でも葬式と今回のような遊びの旅行は、比べられるものではないかな・・・?

このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ


タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR