FC2ブログ

新しい辞書で頑張るぞ!

10月26日(木)

今日は言わずと知れた前・国王の葬儀の本番。約1か月ぶりで部屋のテレビをつけた。これを見届けなければタイに住んでいる意味がないとすら思えたからだ。バンコクの天気が心配だったけど、少なくとも午前中は青空が見えてよかった。

彼女とは今日は会わないことにした。さすがにお勤めは控えることにした。禁止令などは出てないんだけど。

そうは言っても、今日も彼女のことを書いてしまう。少し大げさに言えば、現在の僕の日常の半分は彼女で占められている。そして心の大部分は彼女のことでいっぱいだ。“真夏の情事”のあと、それが揺らいだことは一度もない・・・。

さて、一昨日のこと。一人でセントラルフェスティバルに行った。新しい眼鏡のフレームを調整してもらうためだったが、ふらっと本屋に立ち寄った。

大部分がタイ語の本。もし買っても、読まないで埃をかぶるのが関の山。そう思って30分くらいで出ようとしたけど、外国語の学習本のところで立ち止まってしまった。そしてこの辞書を衝動買いした。199バーツと安かったから。

DSC_0639.jpg

DSC_0641.jpg

実は15年前に同じ出版社の日タイのポケット辞書を買ったことがある。今度買ったのは日本語とタイ語の双方向。値段は、古い方は何と2500円(+税)もした。しかも収載されている語彙の数は、新しい方が2倍か3倍はありそうだ。それなのに200バーツ以下、700円くらい。隔世の感がある。(日本で買えば高そうだけど)

ほかにも「音で引くタイ語検索ブック」とか「日タイ実用辞典」とか、長年愛用してきた辞書は数種類ある。でも今度買ったのは、1冊で2役こなせる。

何ページか読んでみたけど、新しい(どれくらい新しいか知らないけど)のは、訳語もとてもよさそうだ。難点はタイ文字が小さすぎて、老眼の進んできた僕には見えにくい。


僕の彼女は書くのも話すのも、タイ語しかダメ。英語は(日本の)普通の高卒レベルと一緒で、会話は到底無理。

日本語は、
「おはよう」「ありがとう」「あいしてる」「あぶないよ」「おいしいね」くらいしか知らない。だから僕がタイ語をもう少し勉強しようと思ってる。

二人が対等に?会話するには、僕の知ってる単語が少なすぎる。多分500語くらいしか知らないと思う。もっと少ないかもしれない。

書けるかどうかとなると、それよりはるかに少ない。せめて1,000語くらい頭に入ってないと、スムーズに会話したりテレビを気楽に視たりできないのではないかな?

でも待てよ。僕はもう60代の半ば、彼女はアラサー。とすると、彼女が日本語を勉強した方が速いかもしれない。そう思って昨日、寿司を食べてるときに、いきなり日本語で話しかけてみた。いきなり。

「どう・・もっと食べる?」

「・・・・・」

「サーモンとマグロとどっちが好き?」

「・・・・・」


彼女はニコニコして僕を見つめている。どうやら、日本語だということだけは分かったみたいだ。


このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR