FC2ブログ

縁を切った金持ち男、後日談

バブルの頃に濡れ手に粟で大もうけしたその男(バブルおじさんと呼ぼう)は、今日、チェンマイから日本に帰ることになっている。前回は、スーツケースを2個積んで空港まで僕の車で送って行ってあげたが、今回は無視。自分でワゴンタクシーでも呼べばいいだろう。

それはそうと、今朝8時ごろに、まだチェンマイにいる「2人組」の1人から電話がかかってきた。

「あの男から、訳のわからんメールが入ってきてるんだけど・・・」

「あの男」とは“バブルおじさん”だ。「2人組」の1人は、これまで2~3度一緒にチェンマイでゴルフをしたことがあるので顔見知りだ。メールの内容は、要するに僕の悪口ばかり。どうして何も関係のない「2人組」にメールするのかよく分からないが、僕のことを「詐欺師」とか言って罵っているらしい。

「2人組」は、実は2人とも“バブルおじさん”のことが嫌いだ。理由はケチだからとかいうことではなく、ゴルフ場での態度。

今年の2月下旬、「2人組」の1人を含む7人のグループで一緒にゴルフした。終わってみんなでビールでも飲もうとしているとき、“バブルおじさん”は一言も挨拶せずに、自分だけさっさと帰ろうとした。僕はその日は“バブルおじさん”の車で来ていたから慌てた。

そのことがあってから、「2人組」の1人は“バブルおじさん”のことが嫌いになった。「2人組」の1人は10歳くらい年上だ。先に帰るのはいいとしても、年長者に一言も挨拶できない男はダメ、というわけだ。

今回も、“事件”が起きた。今月はじめ、僕と「2人組」の3人で、会員になっているゴルフ場でプレーしようとした。前もって美人のキャディーを予約しておいた。ところが、あとになって“バブルおじさん”も参加することなった。僕も「2人組」も、彼を誘っていない。

ところが当日の朝、「2人組」のために予約しておいたキャディーのうちの1人を、“バブルおじさん”は一人で先に行って自分に付けてしまった。その美人キャディーが当たるはずだった「2人組」のうちの1人は不愉快になった。横取り同然に感じたのだろう。

さらに当日は、オーナーでない時にも、自分だけさっさと一番先にティーショットを打つ場面があった。「お先に」「お先でした」も何も言わない。自分の世界に浸っている。それを見て、「2人組」はますます彼のことを嫌いになった。

キャディーのことやティーショットを打つ順番のことなど、どうでもいいように見えるけど、男というものは、そういう些細な事がなかなか許せない。要するに、「2人組」は“バブルおじさん”のことを「付き合いたくない男だ」と、その日に最終判断したようだ。

彼が僕の悪口を言いふらしている相手に、僕がこの5年ほど付き合っているチェンマイ在住の同年齢の男がいる。その男はずっと「2人組」のために車を出して、ゴルフをするときはホテルまで送り迎えをしていた。ところが、もうそれをやめるという。僕とも絶交するし、「2人組」とも絶交するのだという。話がややこしい。理由は僕が詐欺師だから、ということ?

“バブルおじさん”は僕に切り捨てられて困ったようだ。長期の留守の間に電気代や水道代が滞納になる。そこで前から知っているチェンマイ在住の別の男に接近したのだろう。昨夜は珍しくディナーをごちそうし、カラオケ店で夜中まで一緒に遊んだようだ。そこでまた僕の悪口をたっぷり?「2人組」の悪口も言ったかもしれない。

僕と同年齢のチェンマイ在住男はそれを真に受けて、「2人組」に対して昨夜遅くに絶交宣言をした。酒に酔ってのことだから、そのうち自分の浅はかさに気付くかもしれないが、“バブルおじさん”の讒言(ざんげん)に踊らされたわけだ。

僕のところにも、そのチェンマイ在住の男から昨夜遅くにメールが入っていた。「バカヤロー!」と!何回も書いてあった。日本語になっていない。一部意味不明なところもあるが、何が言いたいかは分かった。

僕は毎年1回、その男の誕生日のころにタイ人の奥さんの住民票(タビアンバーン)を日本語に翻訳してあげている。今年で4回目になる。年金の扶養手当を申告するために必要な書類のようで、いつも無償でやってあげている。ところが昨日のメールでは、「いくら請求されるか分からないからいらない。焼却する」ということが言いたいらしい。

無料で毎年誕生月に翻訳してあげていることが気に入らない。つまり、その書類の事ではなく、ほかに気に入らないことがあると言っているわけだ。“バブルおじさん”から接待され、僕の悪口を聞かされ、「あいつがそんなひどい奴だったら、自分も絶交する」ということになったのだと想像できる。

「2人組」にとっては訳が分からない話だろう。僕と“バブルおじさん”の間にトラブルがあったとしても、どうして「2人組」に火の粉が飛んでくるのか、よくは理解できなかったのだろう。だから、今朝、僕のところに電話してきて、事実関係を確かめたかった、ということだ。

電気代や水道代を留守の間に払ってあげたのは、彼から頼まれたのではない。あくまでも僕が心配してやってあげていたことだ。庭の水遣りもそうだ。誰もいないと、借家の庭が荒れると思うからやっていただけだ。だから無料奉仕だった。

いろいろと彼の態度を見て、僕は不愉快になってきたから、もうやめることにした。その後、僕に対しては慇懃な言葉しか使わないくせに、他人には「詐欺師」と触れて回る。世話になった僕と面と向かって喧嘩になるのが怖いのだろう。でも陰湿な行動をとる。本人がどう思っても勝手だが、直接関係のない僕の知り合いに悪口を言いまわるのはどうかな・・・?

このブログに書いているのも、一種の悪口とも言えるから「お互い様」?いいや、根本的に違う。僕は自分の日記に書いているだけだから(笑)。

(6月18日、11時50分)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

えっと…
目が点で驚きを隠せないのですが、そんな事もあるんですね。
人から聞いた事で動くというのも、女子高生じゃあるまいし💦
なんて思ってしまいました(^_^;)

人としての常識

Niyomさん、こんにちは。バブルおじさんは、お金の力で何でもできると壮大な勘違いをし、人としての道を踏み外してしまった典型だと思います。長幼の序がないのもしかり、お世話になったのに、手のひらを返したように悪口を言って回るのもしかり。こういった御仁は、人間性までもが自分の方が上だと思い込んでいるので、自らの悪行がどれほど非人間的かに気付かない。人のささいな気遣いが、どんなにありがたいことかを理解できないのでしょう。あわれとしか言いようがありません。

Re: タイトルなし

sakuさん、こんにちは。

> 人から聞いた事で動くというのも、女子高生じゃあるまいし

その人の性格を知っているので、ありそうだな、とは思います。
きっとアルコールのせいでしょう。
タイ人の家内も「もうあの人と付き合うのはやめなさい」と言ってますが。


Re: 人としての常識

アンさん、こんにちは。

> お金の力で何でもできると壮大な勘違いをし・・・

なるほど。正しい見方だと思います。お金は人間を狂わせるものですから。

> 人間性までもが自分の方が上だと思い込んでいる・・・

かもしれませんね。水が出ないとか、ガスがうまく使えないとか、事あるごとに夜でも呼び出されてましたから、私が5歳も年上ですが、会社の部下か便利屋さんみたいな感じで私と付き合っていたのかもしれません。便利屋は金がかかりますが、私はタダなので、さらに便利だと(笑)。

マイペンライ

同感です。
私は日本から来る友人知人のテンションがあまりに高すぎて辟易してましたが、直ぐに料金制にして断捨離できました。
住む世界が違うんですよね。日本をある意味捨ててタイに住んでる自分と、ある意味日本にすがっている引きこもり日本人とは^_^
マイペンライですよね^_^

No title

先輩はアドラー心理学で言うことの承認要求が強かっただけだと思います。人のために何かやったら見返りが来るものだと期待しておられたからでは?自分もそういう部分がありましたが、55歳を過ぎてからはあくまで自分の人生を生きることに徹するようになりました。
その問題は誰の問題なのか?他人の問題を肩代わりすべきなのか?若輩者のつたない意見ですいません。

Re: マイペンライ

akiさん、おはようございます。

> 直ぐに料金制にして断捨離できました

友達付き合いをするか、割り切って小遣い稼ぎのサービス業と考えるかですね。

> 住む世界が違うんですよね

ゴルフにせよ女にせよ、一時的な「楽しみ」を求めている人と、タイに定着している「生活者」はおのずと行動様式が異なりますよね。こちらに住んでいる日本人でも「楽しみ」だけを求めている人もいますけどね(笑)。

Re: No title

シュールさん、おはようございます。

> 人のために何かやったら見返りが来るものだと期待して

自分の中では、もちろん見返りは求めています。友達付き合いをして、楽しくおしゃべりしたり、一緒にゴルフを楽しんだりするのも見返りの一つです。金銭などの見返りとは違います。見返りを求めなくて他人に何かしてあげるのは、「施し」か「真実の愛」ですね。

> 他人の問題を肩代わりすべきなのか?

それこそ相手次第だと私は思います。不愉快な相手と分かったら、切り捨てることにしました。世の中、それがごく当たり前のことだと気づいたからです。これまでの生き方は、人がよすぎました。

モンスターか?

人は最初に受けたサービスを標準だと思い、実はそのサービスが標準以上のものであることには気づかないものです。
標準に戻るとサービスが悪くなった、とクレームをつける輩がいます。普段から上から目線の人にありがちな勘違いですね。
在タイ中は自分で諸事、物事をこなすのが普通(標準)なのに、不在中のケアが細やかだったので、それが標準だと勘違いしているクレーマーが喚くのは、良かれと思ってしていることを踏みにじっています。
しかも、それがクレーマー行為であることを意識しない、理解しない。
自分が正しい、と思い込んでいる人には悲しいかな、誠意を汲んでもらえることは期待できません。
悔しいですが、こちらも期待せずに距離を置く、大人の対応をする、離れる、などがストレスを軽減する自衛手段です。

Re: モンスターか?

Matthewさん、こんばんは。

> 期待せずに距離を置く、大人の対応をする、離れる、などがストレスを軽減する自衛手段

人付き合いにおいては、親密になればなるほど、相手に多少の欠点が見えてくるのが普通です。相性がよくないのかもしれない。でも、だからといって絶縁することはめったにないでしょう。お互いさまと言う気持ちがありますから。

でもいったん嫌だと思い始めたら、無理に我慢するのではなく、自分を守る方が得策ですね。離れるのが一番ですね。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR