FC2ブログ

「二人組」とも、いよいよお別れ

昨日は2人組と一緒にゴルフをした。彼らにとっては、今回の滞在では最後のゴルフだった。本当は、僕の知り合いで同年齢のチェンマイ在住男も一緒に回るはずだったが、前回書いた通り、彼の方から「2人組」に絶交宣言をしたので来なかった。

いつも車を出してくれていたそのチェンマイ在住男が、2人組に突然バイバイを言い出した原因は、自分たちには何の関係もないことだった。基本的に、僕と“バブルおじさん”との問題だから、2人組どころか、彼とも何の関係もない。

思い当たるフシがあるとすれば、彼は“バブルおじさん”と気が合うということ。“バブルおじさん”をゴルフ場で僕に最初に紹介したのは彼だった。それからは、彼が僕の家に遊びに来るときは、“バブルおじさん”も一緒のことが何度かあった。“バブルおじさん”は、そうするうちに僕の住んでいるムーバーンが気に入った。僕は義理はないけど、“バブルおじさん”の世話をしてあげたってわけだ。

2人組は一昨日、「明日一緒にゴルフでもして、4人でゆっくり話し合おうや」とチェンマイ在住男に声を掛けた。“バブルおじさん”が僕の悪口を彼に言い、彼はその言葉を信用して、酒に酔った上でとは言え、僕に「バカヤロー!」と書いてきたのだった。その余勢で、2人組とも絶交すると言い出したことは間違いない。

2人組のうちの1人が素面の彼とLINEで話をしたところ、「申し訳ないが、もう会いたくない」ということだったらしい。僕との関係については、「前からあの人が嫌いだった」と言ったそうだ。もう5年以上の付き合いなのに、それには少々驚いた。僕の見立てでは、2人組は嘘を言う人たちではないから、本当の事だろう。

彼とは前妻の時代からの付き合いだ。夫婦で家に行ったり、向こうから来たこともある。もちろん葬式にも夫婦で出てくれた。今の僕の家には何回も招待して、ほかの友達と一緒に酒を飲んでいる。一緒にゴルフしたのは数えきれない。「前から嫌いだった」のなら、なぜ付き合ってきたのか?お互いに損得勘定なしで付き合ってきたのではなかったのか?

「前から嫌いだった」というのは、“バブルおじさん”からの悪口を聞いて洗脳され、「そう言われれば、あいつはそんな奴かもしれんなあ・・・」と思い始めたのかもしれない。人間というのは、自分では思っていなくても、人から言われると、自分もそう考えていたように錯覚することもある。僕が善意でしてあげた奥さんのタイ語の書類の翻訳も、何か隠された魂胆でもあるのかと思ったのかもしれない。

彼は3日前に2人組に絶交宣言するとき、僕のことを「あの人は二重人格や。あの人と付き合ってるお二人とも、もう付き合いません」というような内容を彼らに書き送っている。“バブルおじさん”は同じころ、2人組に対して「あの人(僕のこと)は詐欺師」というような内容をLINEに書いて送っている。「二重人格」と「詐欺師」・・・どこか似ているところがある(笑)。

長くなったので、今日はこの辺でやめておこう。2人組との別れというのは、絶交したのではもちろんない。2人は今日日本に帰る。今度会うのは5か月ほど先になりそうだ。いろいろ引っ掻き回して日本に帰って行った“バブルおじさん”とは、もう会う気はまったくない。今度来た時も近所にいるのだろうから、病気になったとか、強盗に入られたとか、何かの緊急事態があれば、彼女やお姉さんと一緒に当然手助けする。それ以外は、こちらから会うことはない。

(6月20日、11時15分)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR