FC2ブログ

注射だけは効いたようだ

10月27日(金)

一昨日クリニックへ行って、お尻に注射1本と、飲み薬3種類をもらった。ところが、左足のかかとの痛みが治まっていたのはたったの24時間だけだった。

もらったクスリのうち、先進国で使用禁止となってる消炎剤は引き出しの奥にしまってある。あとの2種類は朝夕飲んでいる。でも、効かないようだ。なぜなら、注射の効果がなくなってきた途端に、元の木阿弥だから。

肝毒性があるとして日本を含む先進国では使えないその薬は、タイでは普通に使われているらしい。というのは、元看護婦の彼女もよく知っていた。

その薬のことで、今朝すこし彼女とLINEで議論になってしまった。

「この3種類のクスリのうちNilideというのは日本では使用禁止になっている。だから僕は飲まないことにした。」

「タイではよく出しているクスリですよ。大丈夫ですよ。3種類とも飲んだ方がいいですよ。」

「いやなものは、いやだ。だって肝臓に害があるかもしれないというから、怖い。」

「心配しなくてもいいんですよ。タイ人は飲んでますけど、それで死んだという話は聞きませんよ。それに、薬なんて、どれもみんな毒なんですよ。」

「死ななくたって、肝臓がやられたら中々回復しないから、怖いんだよ。だって、日本だって、ヨーロッパだって、アメリカだって、みんな使用禁止なんだぜ。」

「そんなに嫌なら、レオテー(お好きなように)。」


朝、そんなやりとりがあって、夕方ご飯を一緒に食べるために彼女に会った。(今日もご飯だけじゃなかったけど。)

彼女は、またもや「ちゃんと飲みなさいよ。飲まないから、また痛くなったんでしょ!」と僕を責めた。責めるつもりはなかったんだろうけど、僕のことを「ドゥー」と決めつけた。タイ語では「やんちゃ坊主」や「頑固者」のことを「ドゥー」と言う。ふつうは子供に対して使う言葉だ。

僕は笑って受け流した。彼女は心底その薬に危険はないと信じているようだった。

昨日は注射のおかげで一日中痛みを感じなかったけど、今日は朝から痛みが出た。最もポピュラーな鎮痛剤のパラセタモルではどうやら埒があかないようだ。

彼女の言うとおりにするかどうか、ちょっぴり迷い始めた今日この頃である。郷に入りては郷に従えと言うんだけど・・・どうかな?

このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


タイ・ブログランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: かかとの痛みについて

Sha...No.....さん、
ご丁寧なアドバイスありがとうございます。非公開コメントを選択されましたので、僕だけ読ませていただきました。

放っておけばすぐ治るだろうと、タカをくくっていたのがよくなかったみたいです。履物など、足元を見直してみます。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR