FC2ブログ

愛車は売り手市場?

11月14日(火)

一昨日の続き。2014年8月購入のトヨタYARISに対して、2日で3人の買い手(候補)が手をあげてくれた。全部、僕の彼女の知り合いばかりだ。

まず最初はバンコクのディーラー。見積もりは310,000バーツ。その次はチェンマイの中古車販売店で、320,000バーツ。この二者は会社だから、売ると決まれば手続きは全部向こうがやってくれるので楽そうだ。

そして3番手は個人。バンコクに住んでる彼女の友達。YARISなんてどこにでもある車なのに、写真を見ただけで気に入ったらしい。330,000バーツなら欲しいと言ってるそうだ。確かに考えてみれば、中古車店で2014年型が330,000バーツで買えるわけはない.。350,000より安いことはまず考えられない。彼女の友達はなかなか賢いのかもしれない。

この友達、わざわざバンコクからチェンマイまで来て、実物を見て気に入ったら即金で買いたいと言ってるらしい。バスか飛行機で来て、きっと自分で運転して帰るのかな?よほど暇な人なんだろうね。僕にしてみたら、1万バーツと言わず、1000バーツでも高く買ってくれる人に売るに決まってるから有力候補だ。

でも一つだけ問題点、というか不明な点がある。それは名義変更の手続きをどちらがするのか?チェンマイの陸運局かな?それともバンコクかな?買った方がちゃんとやってくれるかどうか。手続きに必要な書類とか、きちんと理解してる人かどうか・・・。もし名義変更が遅れている間に事故を起こしたり、スピード違反とかやられると、こちらに火の粉が飛んでこないだろうかと心配になる。

そんな気苦労をするくらいなら、たとえ1万バーツ安くてもチェンマイの中古車店に売る方がいいのかもしれない。個人に売る場合は、車の手続きに関して、こちらもそれなりの知識が必要だと思う。今の僕では十分とは言えない。とにかく面倒くさいことは嫌いなのだ。まだ決まったわけではないけれど、個人に売るなら、そのあたりのことは彼女を通じて確かめてもらわないといけないと思っている。

いずれにせよ、すべて彼女のコネクションだ。思っていたよりも、何かと頼りになる女かもしれない。数日前、「30万バーツ以上で売れたら、30万を超えた分はキミにあげようかな~」と、僕が呟いたことがある。半分本気、半分冗談で。だから彼女もかなり期待してるフシはある。「ひょっとして2万バーツのボーナスが貰えるのかな~」と嬉しそうにしていたから。ニンジンがぶら下がってると、彼女も走るんだ。

数か月前までは、「家ができるまで、あと5年位は一緒に住まないよ」と、ずいぶん冷たいことを言っていた彼女にしては、最近はいろいろと協力してくれるのでありがたい。3年も頑張ってお勤めに励んでる成果かな?いや、何しろ「家」という、とっても大きなニンジンが5年後じゃなくて、すぐ前方に見えてるからだろう(笑)。家の話は、またいつか・・・


このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR