FC2ブログ

倹約家の彼女で安心した

11月26日(日)

昨日のブログで「ブログにぐちゃぐちゃ書いてる場合ではない」と言ったけど、やっぱり今日も書かせていただく(笑)。

今日はベッドに使うシーツや掛布団などを一緒に買いに行った。シーツ、布団、枕カバー2点、長枕のカバーの合わせて5点セット。僕がよく利用するBIG-Cなら、最低でも1500バーツくらい、いいものだと3000~4000バーツのものもある。

ところが、彼女の言う通りに市内に向かって車を走らせて、たどり着いた店は何と5点セットが200種類くらい常時在庫があって、価格は1セットが1000バーツしない。クオリティがいいのかどうかは分からないが、とにかく経済的。お客さんもひっきりなしだった。

僕だったら、値段よりも見かけ上のクオリティを優先するから、多分3000バーツ以上のものを買ってると思う。でも彼女は、2つ寝室があるから2セット買って、たったの1500バーツくらいで済んだ。半分だ。いや、4分の1だ。何だか世界がちがう感じがする。

こんな表現は不適切かもしれないが、彼女は貧乏人の娘。安いものしか買ったことがない。服だって、200バーツ以上のものなんて買わない。僕が3年前に1000バーツの服を買ってあげたのに、全然着たことがないのは、そんな服を着る気もしないからか、誰かに売ったからだろうと思う。

それはともかく、「3万バーツあったら、全部新しいものを揃えます」と意気込んでた彼女だけど、僕の家にある電気釜とか、ミキサーとかジューサーとかの写真を送ったら、「全部ほしい」と言った。そりゃそうだ。何も無駄使いすることはない。フライパンまで持ってきて、だと。

今日は2万バーツを振り込んであげたので、明日と明後日は彼女とお姉さんの2人で電気製品などを買うそうだ。彼女は3万バーツと言ったけど、全部で2万もあれば足りるだろうというのが僕の計算。どっちが倹約家だかわからなくなってくるが、要するに、彼女は倹約家で僕はケチということだ。でも僕のいないときに比較的値の張るものを買うというのは・・・何となく怪しいかな(笑)。

とにかく彼女の家はすごい。冷蔵庫は18年前のものを大事に使っていたし、洗濯機も20年位前のものをいまだに使っている。消費に慣らされた日本人の感覚からすれば、まず信じられない。だからタイの経済がいまいち伸びないのかもしれないけど、倹約はやっぱり美徳だと僕は思うし、車もそうだけど、モノを本当の寿命がくるまで使い込むのはいいことではないかな。

一つだけ心配なのは、、彼女は1か月1万バーツもあれば生活できたのが、僕の消費感覚に慣れてしまって、すなわち日本人の感覚が身についてきて、その2倍、3倍も平気で使うようになることだ。でもそれがいけないことなのかどうか、僕はよくわからない。

今日も、「一緒に住むのだから、僕のお金は全部キミに渡すからね」と言ったら、またまたそれを遠慮する答えが返ってきた。

「そんなお金を毎月もらったら、とんでもないことに使ってしまいそうで怖いわ。だから、必要な額を私が言いますから、それだけくれればいいです。」

「そんなお金」と言っても年金だけだから、日本人の感覚からすれば、たかが知れたものだ。でも貧乏人の彼女にとってはすごく大きな金額に思えるらしい。彼女がこのまま貧乏人の感覚のまま一緒に暮らす方がいいのか、それなりの消費を何とも思わない暮らしに慣れさせる方がいいのか・・・。

でもお察しの通り、本気で僕が悩んでいるわけではない。親戚のいっぱいいるイサーンに仕送りしたとしても、よほどのことがない限りは黙って見ていようと思っている。要するに、お互いがどんなことでも隠さずに話せる関係を維持し、深めていくことが大切だと思う。

僕について言えば、仮に浮気したとしても、多分本当のことを彼女には言えるような気がするけど、いくらなんでも、それは危なすぎるよね(笑)。

このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それは危ない

私は既にかなりの期間、タイ人と一緒に住んでいるので、
住んでからの、タイ人の感覚が少し分かってきていると思って居ます。

その経験から、何点かご参考までに。

1. タイ人は、目の前に現金を見ると(持つと)、持っただけ使ってしまう傾向にある。日本人と違って、予算とか、将来計画とかを余り考えない人が多いので、有り金をどさっと渡さない方が良いでしょう。

現金を多めに渡すと、「このお金で何を買おう」と考えて、基本、お釣りは帰ってこないです。

必要な金額だけ言ってくれるという彼女は正しいし、性格が良さそうですね。

2.タイ人は、独占欲が強いので、浮気は厳禁ですよ。

それがバレたらきっと思った以上の大騒動になると思います。

もし有っても、絶対に言わないのをお薦めします。

Re: それは危ない

ナイアンプアさん、アドバイスありがとうございます。

> タイ人は、目の前に現金を見ると(持つと)、持っただけ使ってしまう傾向にある。

タイ人女性が全部そうだと思えるくらい事実かも。ただ、僕の知り合いで、そうではない奥さんを2人も知ってます。有り金全部渡してもなにも問題が起きない家庭もあることはあります。稀有な例でしょうね。

>タイ人は、独占欲が強いので、浮気は厳禁ですよ。

男友達との夜遊びはOKと言ってます。でも浮気はダメでしょう。女は勘が鋭いのでだいたいわかりますね。

> もし有っても、絶対に言わないのをお薦めします。

ほんとに浮気したら、拷問されても言いません。いつも以上にお勤めに励んでごまかします(笑)。

No title

私も2年ほど一緒に暮らしましたが、ナイアンプアさんと全く同意見です。渡したら何も考えずきっちり使い切ってしまいます。
最初はひと月分の生活費を渡していたのですが、ダメで一週間分づつ渡すようにしてました。センタンなどでこれ買おうかと言うともったいないというくせに、普段の生活費はダダらな状態。
怒って注意すると最初は泣いているが、下手にくどく注意すると逆切れされそうなこともあり気を付けていましたね。
浮気は、禁物!!これは全くその通りですね。もう別れて2年ほど経つが、未だに電話で女はダメよ。と言ってくる。
何時までも自分のペットのつもりなのかな?
一緒の頃は、浮気したらこれだからねと、銜えてかじられたこともあります。十分ご注意ください

alfaさん

いろいろとご苦労なさったみたいですね。
別れてから2年もたってるのに、女はダメよと注文をつけてくるとは、面白いタイ人女性と出会われたようですね。

ペットと言うか何と言うか、便利な財布を拾ったようなものですからね、女の方からすれば。自分のお金だという意識があればタイ人でも考えて使うでしょう。自分は痛くも痒くもないという意識なら、あっただけ使いまくりますね。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR