FC2ブログ

穏やかな毎日

12月17日(日)

おいしいものをご馳走になるために行ったようなバンコク旅行から帰ってきて早4日目。実に穏やかな日常が続いている。

朝は6時か6時半に彼女が先に起きる。彼女が最初にすることは、2匹いる犬のうち、外の檻の中で寝るのが好きな1匹を檻から出してやること。すると、家のリビングで寝ていたもう1匹と一緒に、僕の寝ている2階の寝室の前まで駆け上がってくる。そして僕が起きてくるのを30分でも40分でも、じっとうつ伏せになって待っている。決して吠えたりはしない。

その間に彼女は犬の朝ごはんの支度をする。そして大体7時ごろに僕もベッドから抜け出して寝室のドアを開ける。すると2階の踊り場で待っていた犬2匹が大喜びして一緒に階段を下りて僕の一日が始まる。

僕のすることはリードを付けて犬の散歩。ムーバーンの中を15分くらい散歩する。まだ人があまり住んでないので犬も少ないけど、今のところ全部で5~6匹いる。そのうちの茶色の中型犬の1匹は、なぜかいつも放し飼いなので、僕たちの2匹の犬に近づいてきて遊びたがる。

散歩が終わると、家で待っていた彼女がコーヒーを入れてくれて、そのあと大体8時頃に犬も一緒に朝ごはん。あとは2人で家を掃除したり、洗濯したり。庭の芝に水をやったり。どちらがやるとも決めてなくて、僕がやらなければ彼女が全部やってくれるけど、僕も家事が好きなので、いつの間にか2人してやるようになった。

大体9時半くらいには落ち着いて、あとはテレビを見たり、犬と遊んだり。午後は僕がゴルフの打ちっぱなしに行ったり、ついでに買い物に行ったり。彼女は犬を入浴させたりするけど、大体はテレビを見たりケータイで遊んでいる。彼女はどこにも出かけないし、それで全然飽きないのだという。とにかく家にいることが大好きで、遊びに行きたいとか、外に食べに行きたいとか、今まで一度も言ったことがない。不思議な女だ。

夜は彼女の友達がときどき遊びに来る。だいたい焼き魚とか焼き鳥とか、いろいろ食べるものを持ってくるけど、僕たちの家のビールやウイスキーをしこたま飲む人がいる。この前は女ひとりで来たのに、ビールが6、7本空いた。僕も彼女もビールはそんなに飲まないから、その女友達が3、4時間居座って4、5本飲んでバイクで帰っていった。

友達が来ない時は彼女の手料理。彼女が言う材料を僕がスーパーで買ってきて、彼女が料理してくれる。でも昨日は彼女とお姉さんの2人で出来合いの総菜を買ってきた。豚のカレーやラープ、サラダなど3品買ってきたけど、どれも十分に美味しくて、何と一品たったの20バーツ。これなら食費はほとんどかからないわけだ。夕食をそんな安い総菜で済ませるなら、食費は2人で1か月4~5000バーツもあれば十分かもしれない。これがタイの庶民の食生活なのだろう。

でも、僕は毎日それも嫌なので、自分で料理して彼女に食べさせることもある。大体3日に一度くらいだろうか。今のところ、彼女も日本風だか中華風だかわからない僕の手料理を美味しいと言って食べてくれている。外食は、バンコク旅行中を別にすれば、まだ一度もしていない。とにかく家にいるのが好きな女だ。彼女がこれほど家庭的な女だとは、一緒に住んでみるまではわからなかった。

12月は僕の財布から必要なお金をその都度出している。1月から、2人で決めた一定額を月初めに彼女に渡して、すべての切り盛りを任せるつもりでいる。別の使途に残そうとして、すごく倹約しすぎるんじゃないかと不安もあるけど、とりあえず様子を見てみるつもりだ。


このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR