FC2ブログ

思わぬプレゼント

12月25日(月)

昨夜、クリスマスイブのことをちょっと書いたけど、日本との決定的な違いを発見した。

日本だと、クリスマスイブが大事で、クリスマスカードやプレゼントは12月24日に渡すのが普通だと思う。クリスマスケーキもクリスマスディナーも24日の夜。でも、タイの庶民は25日になってからクリスマスの挨拶を交わしたり、プレゼントを渡すらしい。大した違いじゃないけど、これは新発見だった。

というのも、日本人からは昨日クリスマスの挨拶が来たけれど、タイ人からは今日になって「Merry Chistmas」の挨拶が届いた。全部LINEで送られてきて、可愛らしいアニメでできたクリスマスカード?だった。

Screenshot_20171225-163639.png

Screenshot_20171225-152931.png

上の方はサンタ姿の女の子がジングルベルの歌に合わせて腰をフリフリして踊っている。下の動物のも、やはり踊りながら何やらタイ語を喋っている。最近は挨拶も全部アニメばかり。動いてないと面白くなくなってきたのは、10年以上も前からだろうか・・・


ところで、今朝ちょっとした用事があって出かけていて、家に帰ってみると、彼女の前に超有名なドーナツの箱が置かれていた。

DSC_0992.jpg

「あれっ?どうしたの、これ?」と聞くと、クリスマスだからプレゼントを持ってきたんだと言うのだ。誰からかというと、ムーバーンの事務所のタイ人のお兄さんだという。何かとお世話になっている男性だ。名刺が付いていた。

中を開けてみると、クリスマス用のドーナツだった。こんなのは普段は見たことがないから、特別仕様だと思う。

DSC_0991.jpg

DSC_0995.jpg

それにしても、いつも世話になってるのはこちらの方だ。水回りの具合が悪いと、すぐに来てくれるし、庭の植木がもともと枯れかけたのが1本あったんだけど、わざわざ新しいのと植え替えてくれたり、引っ越しで大量に発生した段ボールを、バンコク旅行中にきれいに持って行ってくれたり・・・だから、本当はこちらが何かお礼しなければならないのに、何と律儀な人だろう。

そう言えば、彼はタイ人だけど奥さんはファランで、家の中では英語を使わなければならないと言っていた。ということは、少なくとも奥さんはキリスト教で、クリスマスはきっと大切な日なのだろう。だから、こうやって挨拶がわりに今日ドーナツをくれたんだと思う。

考えてみれば、僕たちは家賃を払ってる側だから、客と言えば客かも知れないけど、日本的に考えれば、家の大家さんなり管理人なり、貸している側の人が、借りてる側よりも上位にいることが多いような気がする。つまり、借りてる方が下手に出るのが普通ではないだろうか。日本だと、そうだったような気がする。

それはどうでもいいけど、ムーバーンの世話をしている事務所の人から、ドーナツとはいえ、クリスマスプレゼントをもらうなんて、まったくの想定外の出来事だった。ただし、彼女もお姉さんも、甘いものを食べないから、僕一人で食べ尽くすのは結構大変そうだ。

このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ファランの奥さまとか

タイ人男はファラン女性にもてるのでしょうか?

1年前にルアンパバーンに行ったとき、通りすがりのタイ人の若者(旅行者)と口をきいたことがありました。背丈は185センチ以上だったと思いますが、ご面相は....。

翌日午後またその彼と出くわしました。そしたら、なんと若く美しいファランの女性を連れていました。いわく、前日巡りあった、同じ部屋にお泊りしている、と。

ぼくはアラ古希で権利落ちもいいところですが、ヤマト男児にはもっと頑張ってほしいです。



Re: ファランの奥さまとか

p-takさん、おはようございます。

> タイ人男はファラン女性にもてるのでしょうか?

どうでしょうか・・・日本人女性には結構もてるらしいですが。
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR