FC2ブログ

いよいよ大麻が合法化される!

1月20日(土)

昨日彼女と晩ご飯を食べていたら、「タイでガンチャが合法化されるんだよ・・・」と突然言い出した。ケータイでニュースを読んだのだろう。

ガンチャとは大麻(マリファナ)のことだ。麻薬には色々な種類があって、僕は全然詳しくないけど、大麻=マリファナというぐらいは知っていた。ガンチャという言葉も。タイでは栽培したり所持したり、使ったりして捕まると、厳しく罰せられる。

学生時代に、つまり、もう半世紀近くも前に、保健体育か何かの授業で先生(教授)が、「マリファナは全然害がないんだよ。アメリカではよく使ってる。LSDは幻覚が出る。。。」などと麻薬について話していたのを何故かハッキリと覚えている。

その大麻がタイ政府によって合法化されることが決まったようだが、彼女は相当関心を持ってる。

「ガンチャやってみたいの?」と聞いてみたら、

「そんなわけないでしょ。病気の人に使えるからいいなと思ってるの。」

そう言うことか。大麻は医療用に栽培されるのだそうだ。しかも栽培される場所はイサーン地方のサコンナコーン県と決まっているらしい。栽培面積まで決まっていて、最初は5000ライ(80 0万平米?)で栽培するようだ。

彼女によると、サコンナコーン県はイサーン地方の中でも北部にあり、20~30年位前まで大麻の栽培が盛んだった場所だと言う。土壌が大麻の栽培に適しているのだそうだ。

タクシン首相の時代に厳しい麻薬撲滅政策がとられ、麻薬の売人が2500人も裁判にもかけられずに殺されたことは僕でも知ってる。時代は変わるもんだ。

アメリカでは、大麻はだいぶ前からカリフォルニアなどで合法化されてるはず。医療用の大麻なら、多くの州で合法化されているはずだ。日本でも、末期癌の男性が自分で大麻を栽培し、治療に使うことを合法化してほしいと訴えていたことはまだ記憶に新しい。去年か一昨年だったような気がする。

昨夜の彼女の話によると、大麻は躁うつ病に効くことが実証されてるそうだ。癌やAIDSなど、治療の難しい病気にもいいらしい。

彼女に言われてからネットをぐぐってみると、タイ政府が大麻の合法化に踏み切ったのは、麻薬犯罪の囚人で刑務所が溢れて困るからと言う説があるようだ。真偽のほどはわからないが、それだけの理由とはとても思えない。

タイで大麻が合法化されても、最初は医師の処方箋がなければ使えないだろう。しかし有害説が科学的にきっちり否定されれば、ほかのハーブと同じように、医薬品ではなくサプリメントとしても使える時代がくるかもしれない。

そうなれば、大麻は犯罪になる禁止薬物ではなく、人間の健康に役立つ有望なタイの特産物になる可能性がある。タイ政府も、そういうところに目を付けたのかな?


大麻は合法化すべきだと思う人はポチっとお願いします。

今朝は起きるなり精出して、生真面目に書いたので、あ~疲れた。いつも肩や前の方を揉んでくれる、いや揉んであげてる人は、今日もまたサプリを売る仕事に行ってしまう。やっぱり淋し~いのだ!


このブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをどうぞ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガンジャはタイではカオサンでヒッピーが全盛の頃のイメージですね。
アメリカでも合法化される州が増えてるのでタイでもあり得ますね。

大麻

大麻はヨーロッパではごく簡単に入手出来ます。けれど合法かというとそうでない国がほとんどです。
もしタイで合法化されるとすると 医療用ではすまなくて誰でも吸えるようになるでしょう。タバコよりも害が少ないと言われていますが解禁は色々と問題があると思います。いかにもタイらしいですが。

Re: No title

alfaさん、こんにちは。

> ガンジャはタイではカオサンでヒッピーが全盛の頃のイメージですね。

随分と昔のことですかね。

Re: 大麻

こんにちは。

> もしタイで合法化されるとすると 医療用ではすまなくて誰でも吸えるようになるでしょう。

タイでは大麻ではなく、「ヤーバー(バカのクスリ)」という覚せい剤を使う若者が非常に多いことはご存知かと思います。
かつては、睡眠時間を削って働かせるために、経営者が労働者に与える覚せい剤もありました。目的は何にせよ、体に有害です。

僕はそういう有害麻薬と大麻を一緒に考えるのはおかしいと思ってますから、大麻の合法化は基本的には賛成です。
ただし、たばこのような嗜好品として解禁することには反対です。大手を振って吸われると、吸わない周りの人にとって大迷惑でしょう。

大麻ですか

こんにちは。
大麻の作用は強烈だそうですよ。そんなに安易な薬ではありません。
習慣性はないようですが、解禁されればあっという間に広がるでしょうね。
使用目的はずばりセックス時です。快感が物凄く増幅されるそうです。ある年齢以上のタイ人ならば、使った経験があると思います。
タイの田舎では今でも使ってる人、いるんじゃないですかね。もし解禁されても、使用しないでくださいね。医療用限定だと、逮捕されちゃうかもしれないので。

ガンチャじゃなくてガンジャな
プロフィール

Niyom

Author:Niyom
2012年、60歳でチェンマイへ移住。2017年にタイ人の妻を病気で亡くした後、愛人だった若いタイ人女性と再婚、前妻が可愛がっていた小さな犬2匹も一緒に暮らしている。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR